« 鬼束ちひろ - NINE DIRTS AND SNOW WHITE FLICKERS | トップページ | 繁昌亭昼席 »

與兵衛桃林堂かしや寄席

2008/4/27 @與兵衛桃林堂

  • 笑福亭たま 「時うどん」
  • 桂雀喜 「野崎詣り」
  • 桂こごろう 「桜の宮」

※ 第 3 回


 当初は鬼束ちひろのあと 1 泊して東京の落語会に行こうと思ってたんですが、この日の『かしや寄席』にて某こごろうファンさんがお囃子デビューと云うことで、夜行高速バスで帰宅し、しばしの休息を挟んで八尾へ。
 お客さんは約 80 人の札止め。早くから大勢来られてました。


 トップのたまは八尾の印象で笑いを誘い、小咄や三面記事ネタなど、マクラたっぷり。執拗に時刻の解説をしてから「時うどん」へ。最初に都々逸の入る型。反応の良い観客に乗せられてか、普段以上にアクション過多で、いつもより余計に箸で突く。

 つづいて雀喜が、師匠の桂雀三郎の話から太極拳の話まで、定番マクラできっちり自分の空気に。《小粒》の解説を挟んで「野崎詣り」へ。「参詣人でにぎやかなこと~」で聞き覚えのある唄声が。
 喜六と清八のやり取りがチョカチョカした感じでかわいらしい。とくに喜六はかなり頼りなくて、そこがまたかわいい。後半に稽古屋の屋形船も出てきて華やか。

 トリのこごろうはごく軽くマクラを振って「桜の宮」を。花見の趣向で仇討ちの芝居しようと云う稽古屋仲間の 4 人のキャラがそれぞれ立ちまくり。とくに仇の浪人役の松っつぁんが、稽古ではメチャクチャ下手くそだったのが本番では芝居クサさ満点で、このギャップがまたたのしい。喜ぃさんのチョカさ加減も半端なくて最高。


 三者三様のおもしろさで、おおいに満足させていただきました。お客さんの反応も良く、演りやすかったんではないかと思います。
 最後におまけ(主役?)の和菓子付き。この日はまもなく 5 月と云うことで柏餅をいただきました。おいしかったです。

 次回は 10 月頃の予定です。

與兵衛桃林堂

|

« 鬼束ちひろ - NINE DIRTS AND SNOW WHITE FLICKERS | トップページ | 繁昌亭昼席 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 與兵衛桃林堂かしや寄席:

« 鬼束ちひろ - NINE DIRTS AND SNOW WHITE FLICKERS | トップページ | 繁昌亭昼席 »