« 南湖だんご 旭堂南湖話術研究会 | トップページ | こごろうの会 »

そごう寄席 三喬 たい平 二人会

2008/5/11 @そごう劇場

  • 桂二乗 「普請ほめ」
  • 林家たい平 「お見立て」
  • 笑福亭三喬 「仏師屋盗人」
    ―― 中入り ――
  • 笑福亭三喬 「禁酒関所」
  • 林家たい平 「幾代餅」


 めずらしい取り合わせの東西会で、発表されたときから興味はあったんですが、5 月の会のチケットを 1 月に発売するってどうなんでしょう? 早すぎるって!
 それでも会場は空席がチラホラ見られるくらいでほぼ満席。東のたい平さんが『笑点』でおなじみってこともあるのかも。


 開口一番は笑福亭でも林家でもない、桂米朝一門の二乗。米朝邸の大掃除のエピソードをマクラに「普請ほめ」は口慣れてて心地良い。スルスルと落語世界に。

 たい平の登場に「待ってました!」の声が掛かる。大阪の不思議に始まって、次々と話題をつないでマクラたっぷり。鉄板ネタの数珠つなぎとみえて、ウケも上々。
 唐突に「お見立て」へ。花魁や若い衆の軽快なテンポと、田舎のお大尽のもっちゃり具合の対比で、メリハリが明瞭。お大尽と若い衆が墓参りへ行ったところで「千の風になって」は絶妙。

 中トリの三喬もマクラいろいろ。「噺家は師匠の芸を盗む」ってな話から、得意の盗人噺で「仏師屋盗人」。あいかわらず「バリボリ。バリー・ボッター。ボリショイ・サーカス」から。落ち着きまくった仏師屋に手を焼く盗人の構図がおかしみに。主客逆転してからの盗人の心理描写も丁寧に。

 中入りを挟んで、つづけて三喬。上方の噺家の各門下の特徴から、笑福亭の事始めでのエピソードを。騒がしいなか、六代目松鶴師匠がなにか云おうとしてることに気付いた某弟子が「おい、静かにせえ! おっさん、なんか云うてるぞ!」。
 喧嘩の話から酒の話題へとつないで「禁酒関所」へ。酒を隠し持っていく丁稚がなんともかわいらしい。関所の侍の《三度目の正直》はごくあっさりと。

 トリのたい平は、マクラで時事ネタいろいろ。自然な流れで「幾代餅」へ。テンポは勢い良く、登場人物のキャラクターはそれぞれはっきりくっきり。現代のクスグリがちょこちょこ入るも、さほど違和感を感じないのはたい平のニンからか。たっぷりした噺をさっぱりと聴かせる。


 どの噺もスルスル~ッとこちら側へ入ってくるような、そんな感じの会でした。たい平さんの 2 席はちょっとネタが付いてるようにも思いますが、たのしめたんで良し、でしょう。とにかくテンポが心地良いですね。三喬さんも、あいかわらずのたのしさおかしさでした。この組み合わせって、なかなか良いかもしれませんね。

そごう劇場

|

« 南湖だんご 旭堂南湖話術研究会 | トップページ | こごろうの会 »

コメント

私もこの会を見に行きました。
たい平さん=笑点でフィリピンパブ、というイメージ
だったので、テンポの良さと嫌がらせのようになり続ける
携帯を話に取り込むスマートさにビックリ。
若手の頃からたくさん賞を取っている実力派だったんですね~。

投稿: sakura | 2008.06.14 16:24

>> sakura さん
古典に現代のクスグリを挟み込んで、しかもそれで OK な雰囲気ってスゴいですよね。
たい平さんも気になる噺家さんのひとりになりました。

投稿: わさび | 2008.06.16 01:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: そごう寄席 三喬 たい平 二人会:

« 南湖だんご 旭堂南湖話術研究会 | トップページ | こごろうの会 »