« 平穏亭 桂あさ吉お噺会 | トップページ | 笑福亭福笑独演会 »

桂あやめ独演会

2008/6/3 @天満天神繁昌亭

【あやめの花咲くころ】

  • 桂さろめ 「東の旅 発端」
  • 桂あやめ 「軽業」
  • 映画『あなたにできない 3 つのこと…』予告編
  • 桂あやめ 「私はおじさんにならない」 (作:桂あやめ)
    ―― 中入り ――
  • 林家たい平 「七段目」
  • 桂あやめ 「口入屋」


 あやめさんは毎年、池田で独演会を開催されてたと思うんですけど、今年は繁昌亭で。チケットは早々に完売したそうです。


 開口一番のさろめはこの日が初舞台。挨拶をして「東の旅 発端」を。やはりイントネーションは所々気になるも、ネタはきっちり入ってて丁寧さに好感。奈良の野辺へ掛かるあたりまで。

 あやめの 1 席目は弟子のさろめの入門エピソードをマクラに、あやめ自身が入門当初に覚えた「軽業」を、野辺からリレーのようにつないで。派手でにぎやか。喜六がかわいらしい。サゲは「長口上は大怪我のもと」。

 着替えのつなぎに、あやめが主演の 映画『あなたにできない 3 つのこと…』予告編 を上映。監督の後藤ひろひとのコメント付き。

 あやめの 2 席目は自作落語の変遷をマクラに、「私はおばさんにならない」の進化系の「私はおじさんにならない」を。仕事に生きる女は政治や株や阪神の話を肴にビールを飲み、おっさん化が進行する‥‥って噺。ネタおろしのときよりもかなり交通整理され、あらたなクスグリも。

 中入りを挟んでゲストのたい平。大阪に対するカルチャー・ショックや最近の前座の話など、マクラたっぷり。
 スッと「七段目」へ。これが入れ事満載で現代のクスグリがバンバン入り、もはや《たい平版》と冠すべき手の入れようで、ここまでやられると逆に心地良い。若旦那が二階へ上がる場面は秀逸。ガンガン笑わせても最後は「天辺から落ちたな?」「いいえ、七段目」できれいに下げる。

 あやめの 3 席目は「口入屋」をネタおろし。番頭のドガチャガ解説や夜這いはややムリがあるも、御寮人や口入屋からきた女衆をやや多めにフィーチャーすることでバランス。最後はえらいことになってる台所を、完璧女衆がパパパッと解決。サゲもちょっと変えて。


 さろめさんの初舞台、たい平さんの繁昌亭初登場、あやめさんの「口入屋」ネタおろしと、初物尽くしの会で、いやはやなかなかに充実の会でした。とくに「私はおじさんにならない」はかなりブラッシュアップされててビックリ。短時間で上手く仕上げてきたなぁと思いました。
 ゲストのたい平さんも、古典にあそこまで手を入れるってスゴいですね。東西交流会で古典の改作特集を組むのもおもしろいかも。

 内容的には良かったんですが、やたら自己主張の強いリアクションのお客さんが気になるわ、記録用写真の連写音が気になるわ、外的要因にイライラさせられました。
 人の振り見て我が振り直せ。

上方落語協会茶道部 楽茶会 桂あやめ H.P.

|

« 平穏亭 桂あさ吉お噺会 | トップページ | 笑福亭福笑独演会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 桂あやめ独演会:

« 平穏亭 桂あさ吉お噺会 | トップページ | 笑福亭福笑独演会 »