« 南湖だんご 旭堂南湖話術研究会 | トップページ | 徳本寺スペシャル 2008 »

深脳落語会 NIGHT HEAD

2008/7/12 @天満天神繁昌亭

  • 林家市楼 「江戸荒物」
  • 笑福亭たま 《新作ショート落語》
  • 笑福亭たま (バーで酔う女の噺) (作:笑福亭たま)
  • 林家花丸 「ないもん買い」
  • 笑福亭たま 「兵庫船」


 たまさん主催の繁昌亭レイトショー枠での会の 2 回目。遅くの会にもかかわらず 100 人くらいの入り。


 市楼を観るのはひさしぶり。東京で大阪弁が通じなかった話をマクラに「江戸荒物」を。変な江戸弁も含めてきっちり丁寧。高座の出来は良いのに、気の毒なほどウケない。

 たまの 1 席目は新作ショート落語から。時事ネタを材に取ったものが多かったが、思ったほどウケずに四苦八苦。ウォシュレットのネタが凄まじい。
 そのまま続けて新作を。独り身の女性がバーで酔いつぶれる噺。最近の『できちゃったらくご!』や『たまの小劇場』で披露した新作をアセンブル。よもぎまんじゅうやバーの女などにこだわりがあるよう。徐々に方向性は定まりつつあるようで、どう育つかたのしみ。

 花丸はマクラで学生時代の落研の話。先輩にタージンや太平かつみがいるそう。たまがパンフレットでハードルを上げたことをボヤきつつ、花丸版「ないもん買い」。ビリーとヒロシが天神橋筋商店街を 6 丁目の交差点から南下。新しいクスグリもちょこちょこと。途中でネタが前後してあたふたしつつも、それもアドリブで笑いに。
 終盤で登場する花丸にビリーが質問。「コノ世デイチバンオモシロイ古典落語テ、ナンヤネン?」「そら『兵庫船』ですね」「オー、コノアト誰カ演ルラシイナ。腸ヨジレルラシイナ」と、ハードルを上げる。

 たまの 2 席目は上げられたハードルを回避するためか「兵庫船」「口入屋」「代書屋」でアンケートを取るも、結局「兵庫船」に。喜六が威勢良いキャラで、謎掛けを「やりますぅー!」ってのがおもしろい。こまかい工夫も随所に。膝隠しに水色の手拭いを掛けて海面に見立てたり、扇子の船と手でつくったフカとで大きさを対比させたり、ヴィジュアル効果も。


 時間は 1 時間ちょっとですが、中身はギュッと詰まってて盛りだくさんの内容でした。ハードルをクリアした(下をくぐった?)花丸さんもさることながら、さらに上げられたハードルを越えていったたまさんもさすがです。個人的には、「兵庫船」はたまさんのがいちばんおもしろいです。

 次回は 8 月 9 日(土)です。

らくごの玉手箱

|

« 南湖だんご 旭堂南湖話術研究会 | トップページ | 徳本寺スペシャル 2008 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 深脳落語会 NIGHT HEAD:

« 南湖だんご 旭堂南湖話術研究会 | トップページ | 徳本寺スペシャル 2008 »