« お笑い怪談噺の夕べ | トップページ | らくご道 笑福亭生喬と桂こごろうの落語会 »

深脳落語会 NIGHT HEAD

2008/8/9 @天満天神繁昌亭

  • 旭堂南青 「具志堅用高物語」 (作:旭堂南青)
  • 笑福亭たま 《新作ショート落語》
  • 笑福亭たま 「代書屋」
  • 桂つく枝 「崇徳院」
  • 笑福亭たま 「ホッケーマスク」 (作:笑福亭たま)


 会社のカラオケまつりのあと、たまさんの繁昌亭レイトショー枠の会へ。入りは 1 階席が 4 割くらいですが、時間帯を考えるとまずまず入った方でしょうか。


 まずは南青が「具志堅用高物語」。具志堅用高の少年期の逸話(?)を講談化。本筋もおもしろいが、あちこちにクスグリがちりばめられてておもしろく聴ける。生活費に困った用高少年に友達が移動動物園の職を斡旋したり、マニア向けのネタも。沖縄の話でもあたりまえのように大阪弁が使われているが、特にチンピラの連中はどぎつい。

 たまの 1 席目は、またも東京の会でムカついた話がマクラ。ひとしきりグチを吐き出してから新作ショート落語を。時事ネタ中心ながら、深夜向けに(?)めずらしくエロ系下ネタも。
 「代書屋」はひさびさ。代書屋を訪れた客のテンションがやたら高く、訊かれたことの意味がわからないときに出る「ヒッ?」の繰り返しも効果的。「読む奴がおもろない」のところまで。

 シャープになったつく枝はマクラにダイエット話‥‥と云うか過食時代の話を、聞いてるだけで胸焼けするほどたっぷりと。
 「崇徳院」はおそらく初めて。つく枝は声が高いので、熊五郎の脳天気ぶりが強調されてたのしい。夫婦喧嘩はあいかわらずおもしろく、熊五郎と女房とのやり取りはさすが。こまかい工夫もあちこちに。

 たまの 2 席目は新作。この日の 19 時まで別のネタを書いていたが急遽、思いついてたギャグが 1 つだけでサゲも考えてないネタに切り替えたそう。
 閉店間際のラーメン屋で、客が店主に除霊にきてくれと頼む噺。客の家族がみな異常で、誰の除霊をするのやら‥‥な展開。さすがに未整理部分が多かったが、ラーメン屋の店主が選ばれた理由をもう少しふくらませて、客の家での構成が整理されたらおもしろくなりそう。


 23 時過ぎに終わる予定が 23 時半に。たまさんとつく枝さんの古典が良かったんで、満腹感がありました。たまさんの新作はややグダグダながら、最近の新作と色が違っててたのしめました。ひょっとすると来年の怪談噺の会用なのかも。

 次回は 9 月 13 日(土)です。

らくごの玉手箱

|

« お笑い怪談噺の夕べ | トップページ | らくご道 笑福亭生喬と桂こごろうの落語会 »

コメント

「NIGHT HEAD」行きたかったんですが、この日の昼席を取ったので
さすがにぶっ通しする気力と体力がなく諦めました…。

わさびさんの記事を拝見したらすごく楽しそう!!
次回はぜひとも行ってみたいです。

それにしてもいつも思うんですが、落語会のネーミングって皆さん
さすが上手いこと付けるなぁって感心してしまいます。

投稿: は~と | 2008.08.20 12:16

>> は~と さん
この会は終演が 23 時半頃になることを想定してお出かけください。
たまさんは新作と古典を 1 席ずつで実験的な色合いの会なんですが、繁昌亭と云うことでパッケージとしてはカッチリしてる印象です。
common cafe での『たまの小劇場』の方はもっとフランクな雰囲気の会になってますんで、そちらもどうぞ~。

投稿: わさび | 2008.08.22 01:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 深脳落語会 NIGHT HEAD:

« お笑い怪談噺の夕べ | トップページ | らくご道 笑福亭生喬と桂こごろうの落語会 »