« 上方はなし 彦八まつり | トップページ | たまの小劇場 »

アンジェラ・アキ - 浪速の MY KEYS

2008/9/7 @大阪城ホール


 チケット発売日をうっかり忘れてて、そのチケットも即完売だったようで、発売日をおぼえてても買えなかったかもなコンサートだったんですが、チケットを譲っていただいて観に行けることに。しかもスタンド最前列で観やすい席。ありがたや~。
 今回はアンジーひとりでピアノ弾き語りの《MY KEYS》の大阪編。センター・ステージでスタンド全周を座席にできるため、なんと観衆 14,000 人!


 約 15 分遅れでステージをおおった幕が引き下ろされ、アンジーは板付きで“サクラ色”からショウがスタート。音がやや割れ気味で耳に痛い。
 “心の戦士”のあとの観客アンケートで初生アンジーの観客が多いことを確認し、注意事項として「ごっつ、しゃべります」とアナウンス。
 シンディー・ローパーのカヴァー“Time After Time”でうれしく思ってると、座席にあった黒い封筒の開封指示。なかにはサビの部分の歌詞カードが入ってて《アンジェラ・アキの(勝手に)英語でしゃべらナイト!?》に突入。さびの歌詞解説とともに、「歌詞に『If』や『もしも』が入ってるとヒットする」と“恋におちて”を、「“Time After Time”発表当時に歌ってた曲」で“飾りじゃないのよ涙は”を、「私やシンディー同様に遅咲きアーティストの曲」で“夜空ノムコウ”をはさみつつ。最後は“Time After Time”のサビを大合唱。
 未発表新曲“Seven Days Seven Nights”を含めて数曲。このあたりになるとサウンド・バランスは改善された感じに。

 “This Love”でいったん捌けたと思ったら、バーのようなセットが用意されて《スナック ふるさと》と銘打って小芝居をはさみつつ 2 曲披露。“Still Fighting It”はベン・フォールズの邦訳カヴァー。

 新曲“手紙 ~拝啓 十五の君へ~”の前に黄色い封筒の開封指示。なかには便せんと鉛筆が 2 本が入っており、「未来の自分宛に手紙を書いてみてください」と云うメッセージ。
 その後は元気な 2 曲で本編終了。

 アンコールで会場照明が入ると、ステージには阪神タイガースの旗を携えたくいだおれ太郎が。ア・カペラで“六甲おろし”のサビを合唱し、ピアノに座って“悲しい色やね”を歌うと云う、なんともベタな展開。このあと、ベンチに座らされたままスタッフに運ばれるくいだおれ太郎の姿がなんともざんない。
 つづいて河野伸(ピアノ伴奏)と大阪すみよし少年少女合唱団がステージに上がり、“手紙 ~拝啓 十五の君へ~”を 14,000 人で大合唱。先の便せんの裏に歌詞があり、練習もきっちり。
 最後は“HOME”で大団円。


 どの曲もエモーショナルになって、アンジーのライヴの良さを再確認。歌の上手さはもちろん、単調になりがちな弾き語りコンサートに、いろんな趣向を盛り込んでの 2 時間半は大満足でした。


  1. サクラ色
  2. 心の戦士
  3. TODAY
  4. Kiss Me Good‐Bye
  5. 《アンジェラ・アキの(勝手に)英語でしゃべらナイト!?》 Time After Time
    • 恋におちて
    • 飾りじゃないのよ涙は
    • 夜空ノムコウ
  6. Again
  7. Seven Days Seven Nights
  8. モラルの葬式
  9. This Love
  10. 孤独のカケラ
  11. Still Fighting It
  12. 手紙 ~拝啓 十五の君へ~
  13. Music
  14. たしかに

  15. 六甲おろし
  16. 悲しい色やね
  17. 《合唱》 手紙 ~拝啓 十五の君へ~
  18. HOME

Angela Aki official website

|

« 上方はなし 彦八まつり | トップページ | たまの小劇場 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24187/42421947

この記事へのトラックバック一覧です: アンジェラ・アキ - 浪速の MY KEYS:

« 上方はなし 彦八まつり | トップページ | たまの小劇場 »