« 落語でポン あさ吉・雀喜 ふたり会 | トップページ | 深脳落語会 NIGHT HEAD »

テーマ落語会 過激特集

2008/10/8 @天満天神繁昌亭

  • 笑福亭たま 「蛸芝居」
  • 笑福亭福笑 「入院」 (作:笑福亭福笑)
  • 笑福亭三喬 「蛇含草」
    ―― 中入り ――
  • 笑福亭生喬 「須磨の浦風」
  • 笑福亭福笑 「脂肪遊戯」 (作:笑福亭福笑)


 福笑さんプロデュースのテーマ落語会は、昨年の糞尿特集に引き続き、今年は過激特集で、補助席も出る大入り。スゴいですねぇ‥‥お客さんが。他人様のこと云えませんが。


 トップのたまはマクラ代わりに「過激な」ショート落語をいくつか。「ドリアン」もエグいが、やっぱり「ウォシュレットの開発」がスゴい。
 「蛸芝居」の方は、登場人物の芝居がとにかくクサい。終盤の旦那と蛸の格闘が過激になり、蛸に突かれた旦那が前回り受け身でダメージ回避。《だんまり》のすえに旦那が蛸に北斗百烈拳でボコボコにされる。
 ただただ過剰演出に走らず、《芝居》や《だんまり》の用語解説を入れることでわかりやすさへの配慮も忘れない。旦那が奉公人を起こす場面や魚屋が鯛をさばく場面がカットされてるが、笑いの多い場面を中心に 15 分程度でまとめられてるため、繁昌亭昼席でトリや中トリ以外でも掛けられる利点も。

 三喬はマクラで、学生時代に遭遇した福笑の過激発言を紹介。客からの「鷺とり」に関する質問に「俺はお前みたいな奴がいちばん嫌いや!」とかましてから見事に回答したそう。
 「蛇含草」の方はオーソドックスに。餅を食べる様子なんかはこまやか。体格の良さが食い過ぎの表現とぴったり。それでも、いじきたない男に怒った亭主が餅箱を叩き割って餅といっしょに焼きながら「これぐらいせな、福笑さんもよろこばんやろ」。

 三喬と福笑にはさまれた格好の生喬は、なんとも演りにくそう。
 「須磨の浦風」は、金満家の鴻池善右衛門が殿様のために須磨から涼風をつづらに入れて取り寄せようと云う噺。ハメモノの効果も手伝って「そんなことあるかいな」と云う現象を「そんなこともあるんかも」と思わせる。途中でつづらを全部開けてしまった人足が、代わりに屁を詰める場面が過激になり、思わず正味まで出してしまう。

 首謀者の福笑の 1 席目は、マクラで中国問題や汚染米問題から、ブラックな笑いをたっぷりと。普段から食べていた赤飯に事故米が使われていたと知り、怒りとともに世間の話題に参加していると云う安堵感もあったとか。
 「入院」は、全身複雑骨折で入院する男と、同室に神経性胃炎で入院してきた男と、胃炎の男を見舞いにきた男のてんやわんや。見舞い男のあり得ない行動と、火事騒ぎでのひどい仕打ちが超過激。痛過ぎる落語。
 2 席目の「脂肪遊戯」は、「だぁいたぁいやねぇ」「さぁいこぉうよぉ」が口癖の美容外科医が腹部脂肪吸引術をおこなう噺。序盤から凄まじい展開で、噺が進むにつれてエグさが上昇。


 福笑さんの過激ネタ 2 席に合わせて他の 3 人がネタをそろえた格好で、過激さはやはり福笑さんが数段上を行ってましたね。ある意味、福笑さんのムチャさを他の 3 人で薄めてバランスを取ってたような感じでした。

|

« 落語でポン あさ吉・雀喜 ふたり会 | トップページ | 深脳落語会 NIGHT HEAD »

コメント

わさびさん、こんばんは♪
いつもTBありがとうございますhappy01

会が始まる前、顔見知りのお客さん2人から
‘今日は過激特集なのに大丈夫?’と聞かれました。
ちょっとドキドキでしたが、刺激があって私は結構好きかも♪
でも1年に3回までですね・・・coldsweats02

投稿: ゴマちゃん | 2008.10.17 00:33

>> ゴマちゃん
福笑さんからの過激要求に困惑する松喬一門のふたりが、観てるこっちはなんともおかしかったです。
それにしても、年 3 回も大丈夫なんですか!?!?

投稿: わさび | 2008.10.18 17:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24187/42730027

この記事へのトラックバック一覧です: テーマ落語会 過激特集:

« 落語でポン あさ吉・雀喜 ふたり会 | トップページ | 深脳落語会 NIGHT HEAD »