« 出没!ラクゴリラ | トップページ | 中華的民主主義 »

たまの小劇場

2008/10/22 @common cafe

  • 笑福亭たま 《ごあいさつ》
  • 林家市楼 「普請ほめ」
  • 笑福亭たま 「寝床」
  • 笑福亭風喬 「千早振る」
    ―― 中入り ――
  • 笑福亭たま 「佐々木裁き」


 秋雨そぼ降るなか会場へ。客入りは約 40 人。7 割くらいが女性客でした。


 出囃子代わりのジャズにのって、まずはたまの前説から。この日のゲストの風喬と市楼は博徒で、手伝いに来ている笑福亭松五と 4 人で打ち上げ代わりに麻雀をしようと云うことになり、開演前はルールの取り決めに終始したそう。
 その後は桂三歩の話をたっぷり。なんでもやり始めるとやめられない性格で、週に 1 回は出番がなくても繁昌亭の様子を見に行く、ビデオテープに落語番組をきっちり収める、もらいタバコでないと吸えないなど、とにかくかなり変わってる。

 市楼はマクラ代わりに携帯電話に対する注意事項をたっぷりめに。
 「普請ほめ」はきっちり丁寧だが、「ここ笑うとこでっせ」と云わんばかりの間を取り過ぎな気が。メリハリはもうちょっとほしいところ。

 たまの 1 席目は文楽の解説をマクラに、「ジャイアンリサイタル」の原作にあたる「寝床」を。前半の断りの場は、独自の再構成をさらに発展させた感じ。後半の浄瑠璃の場にもかなり手が入り、玉子屋を襲った「煮抜き事件」「半熟事件」「目玉焼き事件」をたっぷり。全体的に言葉が多く、今後の整理に期待。

 風喬はマクラで結婚にまつわる話いろいろ。今年の彦八まつりで人前結婚式をしたが、そのとき桂あやめが新婦のメイクをしてくれたそうで、仕上がりはどう見ても娼婦だったそう。(姉キン風か!?!?) 同期の笑福亭喬若も妻帯者だが、どちらも家では料理担当で、最近は顔を合わせると献立の情報交換をするとか。
 「千早振る」はオーソドックスな構成ながら、しっかり繰れてて安定感抜群。独自のクスグリもあちこちに散りばめられてるが、微妙に古くなった時事ネタには自分でツッコミを入れながら。

 中入りを挟んで、たまの 2 席目は「佐々木裁き」。賄賂が横行した奉行所に一石を投じるため、佐々木信濃守がとんちのはたらく桶屋の息子の四郎吉を使って一計を案じる‥‥と云う筋立てを強調し、信濃守を主役にすえて再構成。演出意図はくみ取れるが、こちらもまだまだ言葉が多い感じで、とくに後半がやや説明くさい。


 たまさんの 2 席はどちらもこれからの整理に期待と云った感じでした。この会は勉強会と云う位置付けでしょうからこんなんもありなんですが、こってり 2 席はやっぱり重たい。1 席は単純に笑えるネタでも良いような気がします。もっとも「軽いネタがお望みなら繁昌亭昼席へどうぞ」となるのかもしれませんが。
 そう云う意味では、この日は風喬さんが飄々と軽快なテンポでなかなか良かったです。もっといろいろ聴いてみたくなりました。

 次回は 11 月 19 日(水)です。

らくごの玉手箱

|

« 出没!ラクゴリラ | トップページ | 中華的民主主義 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24187/42876191

この記事へのトラックバック一覧です: たまの小劇場:

« 出没!ラクゴリラ | トップページ | 中華的民主主義 »