« 桂福楽ひとり舞台 | トップページ | 笑福亭三喬独演会 »

島之内寄席 十一月席

2008/11/1 @ワッハホール

【繁昌亭大賞受賞者の会】

  • 笑福亭鉄瓶 「四人癖」
  • 桂吉弥 「ちりとてちん」
  • 笑福亭たま 「蛸芝居」
  • 桂文太 「坊主の遊び」
    ―― 中入り ――
  • 月亭遊方 「たとえばこんな誕生日」 (作:月亭遊方)
  • 林家染二 「地獄八景亡者戯(前編)」


 第 2 回繁昌亭大賞受賞者に文太さんと好番組で、いまや人気者の吉弥さんが出演と云うことで、早めに前売り券を手配しました。案の定、早くから入場を待つ列ができてて、補助席も出るいっぱいの入りに。


 開口一番の鉄瓶は「四人癖」を。所作をかなり大げさに。

 吉弥はドラマ『ちりとてちん』の話題や、五代目桂米團治襲名披露公演で米朝が放つキツいジョークなど、全体にブラックなマクラから「ちりとてちん」へ。さすがにしっかり繰られてて安定感抜群で余裕の高座。船場吉兆や三笠フーズもクスグリに。本編もブラックな演出がチラホラ。

 たまはマクラ代わりにショート落語ベストで、定番ネタはウケも上々。「蛸芝居」はおもしろいところ中心の構成で、芝居のまねはかなりクサめの演出。見得を切る場面では笑いも大きく。最後の旦那と蛸の格闘は 『テーマ落語会 過激特集』 のときよりも控えめながら、派手なアクションにハメモノも入って効果抜群。

 中トリの文太はめずらしい「坊主の遊び」を。伊勢屋の隠居と床屋の磯七が新町へ行き、酔っぱらった女郎に腹を立てた隠居が磯七からもらった剃刀で女郎の眉やらもみ上げやらを剃ってしまう。磯七の悪酔いや女郎の半寝ぼけの酔っぱらいがたのしい。

 中入りを挟んで、遊方は年齢にまつわるいろいろをマクラに「たとえばこんな誕生日」を。誕生日に交通事故にあった男を搬送する救急車のなかでのあれこれ。患者が誕生日とわかると、救急隊員がいらんことを云いまくる。おめでとうメールの《お祝い》が《お呪い》て‥‥。

 トリの染二は繁昌亭大賞受賞式の顛末をマクラに、「地獄八景亡者戯」を六道の辻のくだりまで。クスグリをいじりまくって染二色豊かに。最後に閻魔大王の顔を演ってグランド・フィナーレ。「つづきは染二の DVD で」と云う宣伝も忘れずに。


 鶴笑さんが出なかったのは残念でしたが、文太さんも良かったですし、充実した番組でした。前売り 1,800 円と云う料金を考えると満足度は高いですね。
 実は『島之内寄席』は今回が初めてで、さっそく KICOCA も作りました。なんか今さら感もありますが「枯木も山の賑わい」で。

 次回は 12 月 20 日(土)です。

島之内寄席
社団法人 上方落語協会

|

« 桂福楽ひとり舞台 | トップページ | 笑福亭三喬独演会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24187/42976669

この記事へのトラックバック一覧です: 島之内寄席 十一月席:

« 桂福楽ひとり舞台 | トップページ | 笑福亭三喬独演会 »