« 生喬まるかじりの会 | トップページ | 上方亭ライブ »

たまクラブ

2008/11/4 @大阪市内某所

  • たま・三幸・松五 《大喜利》
  • 笑福亭松五 「天狗さし」
  • 笑福亭たま 「近日息子」
  • 桂三幸 (丁稚のおつかいの噺) (作:セブンエイト)
    ―― 中入り ――
  • 笑福亭たま 「阿弥陀池」


 ちょうど 1 週間前に召集令状が届きまして、この日はたまたまとくに予定もなかったので、秘密(?)の会場へ。ひさびさの開催でしたが、緊急招集だったこともあってか、観客は 20 人弱。


 まずはこの日の噺家総出演による大喜利コーナー。観客から集めた 3 文字のキーワードくじを使って、あいうえお作文、「新しい○○○が発売されました。どこが新しい?」、「○○○はオバマさんへのお土産ですか?」に答える、の 3 種。グダグダ感ただよう進行のなか、最後に三幸がきれいに決めてたまが終了宣言。

 松五はネットで『たまクラブ』のことを調べるもほとんど情報が得られず、会場へきてからメンバー制の会だと知り、「たま兄さんの会はどこの会でも演りにくいが、この会はとくに演りにくい」とボヤいてから「天狗さし」へ。オーソドックスながら、しっかり繰られてて小気味良いリズム。サゲは「天狗は捕まったんかいな?」「ボウズですわ」。

 たまの 1 席目は「近日息子」。師匠の福笑が長らく演っていないため、稽古を志願しても付けてもらえず、本で覚えたそう。それがウケずにしばらく封印していたが、最近になってまた演り始めたとのこと。
 息子を与太郎っぽくせず、謝らない男に対して激昂する男をよりハイ・テンションに、あたりがポイントか。たまにしてはオーソドックスな構成。

 三幸は身近なおもしろエピソードいろいろのマクラで観客の興味を惹きつつ、先日の 『7 時だョ! 8 人集合』 で演ったセブンエイト作品を。丁稚が不確かな目印(塀の上で寝てる猫とか、子守する女衆とか)をあてにしながらおつかいに行く噺。擬古典と云えるネタのため、イントネーションが少し気になる。ネタとしてはクスグリ要素が多めで、クスグリの間隔が詰まるように整理すればもっと笑いが起こりそう。他の演者でも観てみたい。

 中入りを挟んで、たまの 2 席目は、マクラに落語界裏事情や桂三歩のおもしろエピソードなど。ラジオでしゃべっている内容をもう少し突っ込んで。
 「阿弥陀池」は、覚えた当初は 23 分で演ってたのが、最近は 16 分にまで早まっているとのことで、できるだけゆっくり演ることを心がけての高座。こちらも構成は比較的スタンダードだが、細部にたまらしい修正が施されており、やはりテンションの起伏は激しい。この日はちょうど 20 分くらい。


 今回は「近日息子」のトライアルがメインだったようですが、以前のを観てないんで、演出的にどの程度変わったのかはわかりませんでした。おそらく息子のアホさ加減の設定だと思いますが、笑いの点では「阿弥陀池」に軍配です。
 それにしても三幸さん、マクラがおもしろいです。要注目。

らくごの玉手箱

|

« 生喬まるかじりの会 | トップページ | 上方亭ライブ »

コメント

いいなぁ、たまクラブ・・・。

投稿: つね吉 | 2008.11.10 00:44

■ つね吉 さん
一旦終了宣言された会なんで会員追加されるかどうかはたまさんご本人の胸三寸だと思いますが、アンケートに「たまクラブの案内希望」としつこく書きましょう。

投稿: わさび | 2008.11.10 12:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24187/43014199

この記事へのトラックバック一覧です: たまクラブ:

« 生喬まるかじりの会 | トップページ | 上方亭ライブ »