« へんな子ちゃん DVD | トップページ | たまの小劇場 »

遊方のゴキゲン落語会

2008/11/18 @上方亭 (ワッハ上方 小演芸場)

  • 月亭遊方 《幕開前戯噺》
  • 月亭遊方 「宿替え」
  • 林家染雀 「佐々木裁き」
    ―― 中入り ――
  • 月亭遊方 「干物箱」

※ 第 27 回


 開場前からお客さんがたくさん詰め掛けて、開演の頃には 50 人を超えてたと思います。ご家族連れのお客さんも。遊方ブーム来てますね!
 この日は遊方さんが 2 席とも古典を演ると云うことでか、開演前の BGM にはクラシック音楽が流れてました。なんともお上品な雰囲気で、目を閉じれば米團治さんの会かと思ってしまいます。


 まずは遊方トーク。いつもはオープニングでは普段着だが、この日は出演順をいつもと変えるため、紋付袴姿で。この日の 2 席はどちらもネタおろしに近く、会が近づくにつれて白昼夢を見るほど悩んでたそう。
 最近の話題は、コンビニの女の子に思い込みで失恋した話や、文房具屋のおばちゃん店員と水戸黄門で共鳴した話など。某噺家が「その場の空気を読めない客からのサインの要求には超適当に書く」と云う話を実演を交えて。

 遊方の 1 席目はマクラで、噺家になってからの住まいにまつわる話いろいろ。修業時代に住んでたアパートは壁が薄く、芸人同士で話してたら隣の住人もいっしょになって笑ってたが、落語の稽古をしてるときはまったく笑わなかったとボヤく。
 「宿替え」を高座に掛けるのは数回目のよう。宿替え先へ荷物を背負って行く場面から。構成は比較的オーソドックスだが、自然な展開になるようなこまかい修正や、遊方テイストのクスグリがあちこちに。釘が突き抜けた隣家の男に女房が「二度とこんなことがないよう、釘刺しときます」でサゲ。

 染雀の考える噺家の心構えは「舞台で失敗しても気にしないこと」だそう。真逆で心配性の遊方のエピソードで笑わせる。
 「佐々木裁き」は、要所に豆知識や注釈を挟みつつ、きっちりたっぷり。

 中入りを挟み、遊方の 2 席目は「干物箱」。上方では「吹替息子」として演られるようだが、遊方は自ら江戸落語から上方の設定に書き換えたよう。おそらくこちらはこの日がネタおろし。
 放蕩が過ぎて謹慎させられている若旦那が、声色の得意な善兵衛に身代わりを頼んで新町へ出掛けようとする噺。終盤の親旦那と(若旦那の声色をする)善兵衛のやり取りに若旦那が絡んでくる場面で誰が誰やらわかりづらかったりもしたが、遊方テイストのクスグリやリアクションがおもしろい。


 トークも落語もたっぷりで、終演は 21 時半頃に。
 遊方さんの 2 席は、どちらも時代設定をぼやかした感じになっていて、それゆえに日常のおかしさを拡大したような笑いのスタイルがフィットするのかもしれませんね。遊方さんは動きとか表情とかが(良い意味で)おかしいんで違和感はありますが、そこがまたおもしろかったり。口演後に「今回の 2 席は必ず育てます!」宣言されてたんで、今後の成長に期待です。

 次回は来年の 2 月頃の予定です。

遊方 FOR YOU!

|

« へんな子ちゃん DVD | トップページ | たまの小劇場 »

コメント

某噺家さんの「サインにまつわる話」で、ププッと吹き出しそうになってしまいましたhappy01

遊方さんの古典は、まだ一度しか拝見したことがないんですが
「必ず育てます」とのたのもしい宣言!期待感が高まります。
これから楽しみですね~shine

投稿: おリョウ | 2008.11.22 22:04

■ おリョウ さん
サインにまつわる話は、桂 A さんと笑福亭 T さんのことです。
厄年を超えた遊方さんは上り調子なんで、今後の古典にも期待ですね。
温故知新で新作にも相乗効果が期待できるかも。

投稿: わさび | 2008.11.24 23:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24187/43158680

この記事へのトラックバック一覧です: 遊方のゴキゲン落語会:

« へんな子ちゃん DVD | トップページ | たまの小劇場 »