« 新春扇町寄席 | トップページ | 立川談春大阪大独演会 »

べにこご しゃべる紅雀×しゃべるこごろう

2008/12/23 @Salon de AManTO 天人

  • 桂こごろう 《ごあいさつ》
  • 桂雀五郎 「初天神」
  • 桂紅雀 「不動坊」
  • ねこまんま 《三題漫才》
  • べにこご 《漫才》
    ―― 中入り ――
  • こごろう・紅雀 《アンケート・トーク》

※ Vol. 55/最終回


 諸般の事情で最終回となる『べにこご』へ。混雑を予想して早めに行ったんですが、開場前に 30 人ほど、開演時刻になってもお客さんが詰め掛け、高座への通路はもちろん、ロフト(入口上部の荷物棚)にも人を入れて、最終的には 50 人を越える大入りに。着物の女性の団体さんも。
 結局 15 分ほど押しての開演。


 まずはこごろうが番組案内。ねこまんまの漫才は、観客からお題をもらって雀喜が即座にネタを考えると云う趣向。「けっこん」「べにこご」「おしおき」の三題で。

 雀五郎はごく軽いマクラできっちり掴んでから、マイペースで「初天神」を。隣の男のところで昨夜の出来事を話す息子の表情がなんともイヤラシい。噺が進むにつれてますます盛り上がり、息子がイカ(凧)をねだる場面で爆発。サゲまで笑い多し。

 紅雀は季節ネタで「不動坊」。口跡良く心地良いテンポにクスグリてんこ盛りのうえ、表情もクルクルと顔芸満載で、紅雀色が強く笑い多し。即興でねこまんま用の三題を織り込む余裕も。利吉の「案外、頼んないとこおまんな」に歌留多道斎が「さいぜんまで宙に浮いておりましたんで」でサゲ。たっぷりの一席。

 漫才の部はこごろうと雀喜のねこまんまから。お初天神でお披露目したアラスカンシャツで登場。今年は事件が多かった‥‥って感じで、事件の捜査に三題をうまく織り込む。

 つづいてこごろうと紅雀のべにこごコンビ。漫才は初めてと云う紅雀が妙なテンション&アクションで、グダグダ感がおもしろい。

 長めの中入りを挟んで、恒例のアンケート・トーク。この日のお題は‥‥

  1. あなたの今年最大の出来事
  2. クリスマスプレゼント 何が欲しい?
  3. べにこごの思ひ出

 最後にふたりへ花束贈呈も。


 終演は 22:10 頃。開演が押したことや中入りが長かったことを考えると、番組はトントンと進んだ印象。笑いも多かったですし、盛会でした。
 最後に花束をもらった紅雀さんが「これは 2 月から(新しい会を)始めたら怒られるなぁ」と云われてましたが、近々にあらたなプロジェクトが発足の予感も。今後またおふたりで会を立ち上げる思いはあるそうなんで、期待して待ちましょう。

Salon de AManTO 天人

|

« 新春扇町寄席 | トップページ | 立川談春大阪大独演会 »

コメント

またの「二人会」の開催を心待ちにいたしております!(^^)!

投稿: 香川の砧 | 2008.12.24 07:46

■ 香川の砧 さん
京都の H さんから小耳に挟んだんですが、近いうちに会場を移してふたりの会(第 3 次『べにこご』?)が始まるかもしれませんよ。

投稿: わさび | 2008.12.24 23:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24187/43511037

この記事へのトラックバック一覧です: べにこご しゃべる紅雀×しゃべるこごろう:

« 新春扇町寄席 | トップページ | 立川談春大阪大独演会 »