« 人間 60 年 ジュリー祭り | トップページ | 月亭遊方・三遊亭白鳥 二人会 »

師走しんおん寄席 桂こごろう独演会

2008/12/1 @そごう劇場

  • 桂まん我 「寄合酒」
  • 桂こごろう 「動物園」
  • 桂紅雀 「餅屋問答」
  • 桂こごろう 「かぜうどん」
    ―― 中入り ――
  • 桂こごろう 「愛宕山」


 この日は各所で魅力的な落語会が開催されて、落語ファンはチョイスに悩んだんではないかと思います。私は早々にこの会の前売り券を購入してたんで、悩むと云うことはありませんでした。が、それにしても TORII HALL の米團治さんの会とか、繁昌亭の生喬さんの会とか、もうちょっと散らしてくれよ!とは思いましたが。
 で、この日は師匠の南光さんも出る『夢の三競演 2008』とかもあって入りが心配だったんですが、それは杞憂でほぼ満席に。
 パンフレットの番組紹介が「かぜうんどん」となっててトホホな感じ。


 ひさしぶりに観るまん我は「寄合酒」を、町内の連中の色分けも丁寧に、たっぷり。

 こごろうの間で紅雀。普段からスーパー玉手やコーナンを利用している紅雀にとって、高級ブランド店が立ち並ぶそごう劇場は会場入りするまでが緊張するそう。
 「餅屋問答」はヤクザ者のデタラメなお経でたのしく始まり、問答を申し出る修行僧のまくし立てるような立て弁もお見事。住職に扮した餅屋の親父がとぼける表情がおもろ過ぎ。

 こごろうの 1 席目は、大師匠の枝雀が大のお気に入りで、枝雀の会の前座で 1 年以上指定されつづけた「動物園」を。あとの出番を考慮してか、遊びはやや少なめ。もはや《こごろうの型》と云える独自のクスグリ満載。とくにデートで動物園を訪れた友達が「なんやこのトラとどっかで会うたことあるような‥‥」ってのが秀逸。
 2 席目は近所の新婚夫婦のアツアツぶりをうらやましがってから「かぜうどん」を。酔っぱらいがどこまでも陽気でおもしろい。賭場の様子を描写したり、最後に出てくる客が玄関の内側でうどんを食べてたり、あちこちに工夫が。
 中入りを挟んでの 3 席目は袴姿で登場して「愛宕山」をたっぷりと。こちらもこまかい工夫、独自のクスグリがあちこちに。旦那は幇間の一八に負けず劣らず気が若い風で、土器投げでも得意満面。全体にたのしい雰囲気がただよう。


 前半がいずれも 20 分くらいであっさりした印象でしたが、最後に「愛宕山」をたっぷりでおなかいっぱいに。
 「愛宕山」や「かぜうどん」はどうしても吉朝さんのと比べてしまいます。こごろうさんのは基本的には吉朝さんのと同じ型なんですが、目指す方向性の違いで味わいが変わって、ここらが落語のおもしろいところですね。

 来年も 12 月頃に開催の予定です。こごろうファンにとっては年末の恒例行事になりそうですね。

kogoro.web*桂こごろうのホームページ
大阪新音

|

« 人間 60 年 ジュリー祭り | トップページ | 月亭遊方・三遊亭白鳥 二人会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24187/43304112

この記事へのトラックバック一覧です: 師走しんおん寄席 桂こごろう独演会:

« 人間 60 年 ジュリー祭り | トップページ | 月亭遊方・三遊亭白鳥 二人会 »