« 花花寄席 | トップページ | 名探偵ナンコ よみがえれ!探偵講談 »

7 時だョ! 8 人集合

2009/1/25 @桜川三丁目劇場

  • 《オープニング》
  • 《大喜利》
  • 旭堂南青 『太閤記』より「太閤の風流」
  • 三幸・三四郎・ぽんぽ娘 《コント「宅配ピザ店」》
  • まめだ・団姫・雀太・南青 《コント「噺家入門」》
  • 《ひな壇トーク》
  • 《1 分ネタ》
  • 桂三四郎 「田中」 (作:セブンエイト)
  • 《エンディング》

※ 第 2 回


 千日前で天丼を食べて、あちこちブラブラしてから桜川へ。ちょっと早めに行ってしまったんで、寒空のなかを開場待ち。しかも開場が遅れてブルブル。
 入りは 40 人くらい。前回よりちょっと増えた?


 オープニング映像(雀太の追加改訂版)のあと、無言でくじ引き。今回の出演は、桂三幸、桂三四郎、桂雀太、桂ぽんぽ娘、桂まめだ、旭堂南青、露の団姫(五十音順)の 7 人で、くじ引きの結果、雀太が司会、南青が古典、三四郎が新作、その他が一般参加に。

 まずは大喜利。お題は「もう誰もやらなくなった古典落語のタイトルとは?」「蚊取り線香の意外な使い道とは?」「おばあさんの写真を見てひと言」の 3 つ。わりとグダグダ。

 古典担当の南青は『太閤記』より「太閤の風流」。和歌に暗い豊臣秀吉が妻・ねねの助けで面目躍如する話。ちょこちょことクスグリを入れて。

 宅配ピザ店の新人アルバイト(三四郎)を指導する先輩アルバイト(三幸)。別の先輩アルバイト(ぽんぽ娘)も登場して、しっちゃかめっちゃか。三幸がかなりおもしろい。

 まめだ師匠(まめだ)の弟子、おまめ(団姫)とまめ太(雀太)が話しているところへ入門志願の男(南青)がやってくる。
 団姫の吹っ切れたアバズレ加減が衝撃的。噺家の真実が明らかになるたびに雀太が南青の胸ぐらをつかんで「お前このことよそで云うたらシバきまわすぞ!」とスゴんで口止め。

 ひな壇トークのテーマは「こんな人おるんや」「私のいいところ」。芸人の裏話が盛りだくさん。
 あまりしゃべらないまめだは皆がイジりやすい前列中央に、よく絡んでくる三四郎やぽんぽ娘は後列に配置するべきかも。

 1 分ネタのコーナーは、三四郎がレスリングバー、南青はサンバイザーズ、まめだはダジャレ、団姫は世相しりとり(フリップ芸)、ぽんぽ娘は女子高生下ネタソング、雀太はありそでない研究所、三幸はノブカバー。ネタ的には雀太がおもしろい。雀太とぽんぽ娘は 1 分への落とし込みが課題。

 新作担当の三四郎は「田中」。中村の携帯電話に登録された《田中》が誰なのかわからなくて田中に訊く噺。アイデアはなかなかおもしろい。以前に 三幸で聴いた が、それとはまた違ったテイストに。

 最後に全員そろってエンディング。


 今回もたっぷり 2 時間半(- 10 分)でした。各コーナーは意外としっかり準備されてるんですが、進行はグダグダ。そこらもまたおもしろいんですけど、大喜利は、『ダイナマイト関西』等への出演を想定して仕込みなしを前提とするにしても、研究と練習は必要ですね。司会の雀太さんがフォローしようと一所懸命でした。

 次回は会場をワッハ上方レッスンルームに移して 3 月 13 日(金)に開催されます。

~セブンエイト~ 7 時だョ! 8 人集合

|

« 花花寄席 | トップページ | 名探偵ナンコ よみがえれ!探偵講談 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24187/43845519

この記事へのトラックバック一覧です: 7 時だョ! 8 人集合:

« 花花寄席 | トップページ | 名探偵ナンコ よみがえれ!探偵講談 »