« 千朝落語を聴く会 | トップページ | 上新庄えきまえ寄席 »

深脳落語会 MIDNIGHT HEAD

2009/1/31 @天満天神繁昌亭

【新作 Festival】

  • 桂三幸 「エコロジー」 (作:桂三幸)
  • 笑福亭たま 「伝説の組長」 (作:笑福亭たま)
  • 桂かい枝 「丑三つタクシー」 (作:桂かい枝・福ミミ)
  • 笑福亭たま 「ベルゼバブの蝿」 (作:笑福亭たま)


 千朝さんの会 のあと、買い物であちこち転々としてから諸般の事情で一旦帰宅し、再度繁昌亭へ。移動してるだけで疲れます‥‥。
 たまさんのレイトショー@繁昌亭が限定復活! ‥‥と云っても 2 か月ぶりですが。入りは 1 階席が 7~8 割埋まった感じ。時間帯を考えればまずまずでしょう。


 三幸は「最近は教育が悪い」と、おなじみのマクラいろいろはかるぅ~いノリで、何度聴いてもおもしろい。母親の云い間違いエピソードから、親子の会話が主体の「エコロジー」へ。自分にきびしく地球にやさしい父親の機嫌が悪いと、母親と息子が心配する噺。がおもしろい。父親をほめてるのかクサしてるのかわからん母親のフォローがおもしろい。

 たまの 1 席目はショート落語から。正月に作ったためちょっと古くなってしまったと断って、「餅つき」「お年玉」や、『年越しオールナイト落語会』の影響でか皇室ネタも。
 「伝説の組長」は 2 度目の口演か。下っ端ヤクザがとにかくスゴい組長の身代わりになる噺。若頭のムチャな言動や、「天狗裁き」的展開がおもしろい。

 少し照明が落ちてから登場したゲストのかい枝は、アメリカ公演旅行の話をマクラに、今回が 3 度目の口演となる「丑三つタクシー」。偶然飛び乗ったタクシーの運転手が元霊柩の車運転手で‥‥と云う噺で、ネタに入ると会場はさらに薄暗くなり、雰囲気を盛り上げる。ドラを効果的に使い、怖さがクスグリに。やはり夏に聴きたいところ。

 たまの 2 席目は「人食い」と迷った末に「ベルゼバブの蝿」を。作家のもとに届いた「呪いの原稿」を読むと、そのとおりの出来事が起こると云う噺。こちらは 4 回目くらいか。全体的にかなり整理されてまとまってきた感じで、とくに取って付けたようだった後半がスッキリ。この日に上方落語協会の事務所で書き直したそう。


 たまさんの 2 席はどちらも整理された感があり、おもしろさがアップしてました。ただ、たまさんならまだまだおもしろくできるはず!との思いも。とくに「ベルゼバブの蝿」は 2/7 の一門会でもネタ出しされてますから、さらなるレベル・アップに期待!です。
 今回は特別に MIDNIGHT HEAD としてレイトショーが開催されましたが、繁昌亭でのたまさん主催の会が今後どうなるのかも気になるところです。

らくごの玉手箱

|

« 千朝落語を聴く会 | トップページ | 上新庄えきまえ寄席 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24187/43927516

この記事へのトラックバック一覧です: 深脳落語会 MIDNIGHT HEAD:

« 千朝落語を聴く会 | トップページ | 上新庄えきまえ寄席 »