« 二人のビッグショー in 大阪 柳亭市馬・柳家喬太郎 二人会 | トップページ | たまクラブ外伝 秘密やない落語会 »

繁昌亭大賞発表落語会

2009/1/19 @天満天神繁昌亭

  • 《表彰式》
  • 《輝き賞》桂吉坊 「寄合酒」
  • 《創作賞》桂三金 「デブのお肉に恋してる」 (作:桂三金)
  • 林家染二 「替り目」
    ―― 中入り ――
  • 《爆笑賞》桂文華 「池田の猪買い」
  • 《奨励賞》笑福亭銀瓶 「胴乱の幸助」

※ 第 3 回


 繁昌亭大賞を人気の桂吉弥さんが受賞されたんで、この会は発売直後に手配しましたが、案の定、早々に前売り完売だったようです。もちろん大入り満員。


 まずは授賞式。ナビゲーターは第 1 回《創作賞》の桂三風、プレゼンターは上方落語協会会長の桂三枝。ことある毎に前へ出てくる三風をたしなめる三枝の図で笑いに。
 《大賞》吉弥、《奨励賞》銀瓶、《爆笑賞》文華、《創作賞》三金、《輝き賞》吉坊の順に、表彰状・賞金・表彰楯の授与。大賞の吉弥には歴代大賞受賞者のペナントが付けられた特大カップも。授与時にはそれぞれコメントされたが、吉坊がいちばんしっかりした挨拶を。吉弥は他の仕事がこの会より先に決まっていたため授賞式のみの出演。

 落語は吉坊から。昨今の噺家の酒事情をマクラに「寄合酒」を。見台を使わず、要所に春團治テイストを感じさせる。

 三金は《創作賞》と云うことで自作の「デブのお肉に恋してる」を。デブの奥野君がサークルでいちばんかわいいマキちゃんにモテる‥‥と云う、三金自身の妄想のような噺。時事ネタも盛り込む余裕があり、かなり繰れててテンポ良くスッキリ。(でもデブネタ)

 吉弥の代演で第 2 回《大賞》の染二が「替り目」を。酔っ払いの亭主の感情の振れが大きく、そのくせツッコミがこまかくておもろい。早いテンポでトントンと進んでサゲまで。

 中入りをはさみ、文華が「《爆笑賞》はハードルが上がってつらい」とボヤきつつ「池田の猪買い」を。観客がなにか特別なものを期待しているのか、普通におもしろいのに客席の反応が薄い。そんな状況を途中でイヤになったか、落語ファンを逆手に取って噺の省略をクスグリにしたり。

 トリの銀瓶は仕事で行った某高校に「サイテー!」と叫び、そこで起こった喧嘩の様子から「胴乱の幸助」へ。全体に若さが目立つも、割木屋の親父の得意気な表情や、浄瑠璃の稽古屋で「お半長」を語る男の技量の極端な変貌がおもしろい。あちこちのこまかいツッコミもワチャワチャとたのしい。マクラからガッチリつかんでたっぷり。


 表彰式に始まって、終始華やかな印象の会でした。とくにトリの銀瓶さんは充実でした。吉坊さん以外はそれぞれ昼席のトリ・中トリで出演されますから、そちらもたのしみですね。

天満天神繁昌亭

|

« 二人のビッグショー in 大阪 柳亭市馬・柳家喬太郎 二人会 | トップページ | たまクラブ外伝 秘密やない落語会 »

コメント

初めまして。
いつも楽しく拝見しております。
金封の中身は目録ではなく現金が入っていたそうです。
源泉はしっかり引かれてたみたいですが(笑)
当日は吉弥さん目当てのお客さんが結構居てましたね。
プログラム見て「え~!落語せぇへんの~?!」て声を
そこかしこで聞きました。
ちゃんと調べてから来なはれ(笑)

投稿: 鯛のタイ | 2009.01.22 12:35

■ 鯛のタイ さん
貴重な情報、ありがとうございます。
さっそく本文を修正させていただきました。
源泉抜きとは云え、現金収入は噺家さんにとってはうれしいでしょうね。
会長が三枝さんですから、ひょっとすると吉本勢のための措置なのかも。:o)

投稿: わさび | 2009.01.22 14:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24187/43795020

この記事へのトラックバック一覧です: 繁昌亭大賞発表落語会:

« 二人のビッグショー in 大阪 柳亭市馬・柳家喬太郎 二人会 | トップページ | たまクラブ外伝 秘密やない落語会 »