« 南湖だんご 旭堂南湖話術研究会 | トップページ | 新春林家一門顔見世興行 »

新春林家一門顔見世興行

2009/1/11 @天満天神繁昌亭

  • 林家市楼 「看板の一」
  • 林家染太 「いらち俥」
  • 林家竹丸 「餅屋問答」
  • 林家笑丸 「虱茶屋」
  • 林家染丸 「悋気の独楽」
    ―― 中入り ――
  • 林家染弥 「読書の時間」 (作:桂三枝)
  • 林家そめすけ 「無筆の手紙」
  • 林家小染 「くっしゃみ講釈」

※ 初日


 正月恒例の林家一門会は前売り完売で補助席もでる盛況。今年も 2 日間興行で、初日は大阪天満宮の残り福のお客さんもあって、開場前もにぎやか。


 トップの市楼は「看板の一」で露払い。江戸っ子の親父っさんにならう型で、やや平板で後半のバラシもやや弱いが、安定感はあってそつなく。

 染太は「金属バットをお持ちの方、ご遠慮ください」と、最新ニュースいろいろで笑わせる。
 「いらち俥」は顔芸盛りだくさん。土管を 3 本越えたあとに向こうから土管が何本も転がってきてジャンプジャンプジャンプ!が新しい。北へ向かって市電とすれ違うところまで。

 竹丸は「餅屋問答」をきっちり。

 笑丸はいつもの微妙な笑顔でなにを演ろうか逡巡しながら、「踊りの入る噺もあるんです」と「虱茶屋」を。芸者の冷や奴のキャラがおもろい。旦那がいたずらで仕込んだシラミをかゆがる幇間の動きが極端。

 中トリの染丸も逡巡しながらのおしゃべり。女性の話になって「悋気の独楽」へ。女性のやわらかさはさすが。丁稚もかわいらしく、たっぷりの一席。

 中入りをはさみ、染弥の登場に「待ってました!」の声が掛かる。三枝作品の「読書の時間」は、高校生が授業用に父親の本棚から持ち出した本が実はポルノ小説で‥‥って噺。独自のクスグリもいろいろと盛り込んでテンポ良く。

 ニンニク臭いそめすけは「普段着のそめすけ、怪しいですか?」と、東京で職質を受けた話や西成区の話。
 「無筆の手紙」は程良い間で聴かせ、客イジリで笑いを誘う。

 小染は開口一番「ニンニク臭ぁ」。吉本の寄席でのマジシャンの悲喜劇で笑わせてから「くっしゃみ講釈」へ。全体に性急な感じだが、しっかりした構成。最後の虫尽くしの歌がなくてチとさみしい。


 たっぷり 8 席で 3 時間近い公演に。2 日間で全員に落語を演る機会をと云う意向だと思いますが、番組編成だけを考えるとどなたかが色物だとメリハリになるとは思いました。それでも満足して帰れましたから、全然 OK です。

|

« 南湖だんご 旭堂南湖話術研究会 | トップページ | 新春林家一門顔見世興行 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24187/43712569

この記事へのトラックバック一覧です: 新春林家一門顔見世興行:

« 南湖だんご 旭堂南湖話術研究会 | トップページ | 新春林家一門顔見世興行 »