« 年越しオールナイト落語会! | トップページ | 旭堂南半球のガンダム講談一年戦争 »

上方落語一心寺亭

2009/1/3 @一心寺シアター倶楽

  • 笑福亭呂竹 「煮売屋」
  • 桂阿か枝 「竹の水仙」
  • 桂小春團治 「猿後家」
    ―― 中入り ――
  • 桂米平 「立体紙芝居 大カラクリ忠臣蔵」
  • 桂春團治 「お玉牛」

※ 3 日目


 年の初めは一心寺で春團治師匠。これが近年の初詣みたいになってます。今年から予約順で整理番号が発行されるようになって、早くから列ぶ必要がなくなった分だけ朝が楽になりました。
 予約は年末で打ち切られ、当日券も出てたようですから、ええ感じでいっぱいの入り。春團治師匠の御尊顔を拝もうと最前列で。


 まずは呂竹が露払い。「女風呂の《呂》に竹輪の《竹》」「出家した橋下徹」で笑いを誘い、特別に坊主頭で初日の出。鯉の餌の小咄は余計だったかも。
 師匠の呂鶴から最初に付けてもらった「煮売屋」をきっちり丁寧に。

 阿か枝はマクラで師匠の文枝に付いていた頃のエピソード。直接稽古してもらう機会が少なくて落語で怒られることはなかったが、車の運転ではしょっちゅう怒られてたそう。
 阿か枝の「竹の水仙」は以前にも観たが、登場人物のメリハリやテンポと間など、以前にも増して良くなった印象で、口跡も心地良く。

 中トリの小春團治はひと昔前の芸能人のキャッチフレーズいろいろからあだ名あれこれへとマクラをつないで「猿後家」へ。お調子者におだてられたときの後家のうれしそうな表情が絶品。たっぷりの一席。

 中入りを挟んで、初めて観る米平の立体紙芝居。「大カラクリ忠臣蔵」と題し、松の廊下での刃傷から討ち入りまで、地味に凝った仕掛け満載の紙芝居。後方の席からはキビシかったかも。

 トリの春團治は黒紋付で登場。(帰り際には、淡いオレンジの羽織の裏地にも大きな紋が見える)
 ごく簡単な新年の挨拶から、干支にちなんで「お玉牛」を。近所の若い連中のやり取りもたのしいが、お玉(の身代わりの牛)を夜這いする男の所作やクルクル変わる表情が秀逸。


 やっぱり正月は春團治師匠ですねぇ。すっかりええ気分に。ほかの噺家さんも良かったですし、これで前売り 1,500 円はお得な会です。

 このあと、遠方より来られた落語ファンのご夫妻と高津さんへ初詣。今年の おみくじ は「吉」でした。

一心寺シアター倶楽

|

« 年越しオールナイト落語会! | トップページ | 旭堂南半球のガンダム講談一年戦争 »

コメント

明けましておめでとうございます。
年末の「花花」と年始の「一心寺」でお見かけしましたのにご挨拶もせず失礼いたしております。
春團治師には本当に惚れ惚れします。
今年もたくさんの落語会のレポに期待しております。よろしくお願いします。

投稿: 高岳堂 | 2009.01.05 21:41

■ 高岳堂 さん
あけましておめでとうございます。
こちらこそ、顔覚えが悪くて申し訳ありません。
この日はかぶりつきで春團治師匠を観察した感じでした。
今年は春團治襲名 50 周年ですから、大きな会があるかもしれませんね。

投稿: わさび | 2009.01.05 23:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24187/43629125

この記事へのトラックバック一覧です: 上方落語一心寺亭:

« 年越しオールナイト落語会! | トップページ | 旭堂南半球のガンダム講談一年戦争 »