« 旭堂南半球のガンダム講談一年戦争 | トップページ | 三金・たま 誕生日二人会 »

初春文楽公演

2009/1/5 @国立文楽劇場

【第 1 部】

  • 花競四季寿はなくらべしきのことぶき
    • 万才
    • 海女
    • 関寺小町
    • 鷺娘
  • 増補忠臣蔵ぞうほちゅうしんぐら
    • 本蔵下屋敷の段
  • 夕霧 伊左衛門 曲輪文章くるわぶんしょう
    • 吉田屋の段

【第 2 部】

  • 新版歌祭文しんぱんうたざいもん
    • 座摩社の段
    • 野崎村の段
    • 油屋の段

※ 第 113 回


 文楽の正月公演は 3 日が初日で、10 日までは休憩時間にまき手拭いがあります。あわよくば手拭いゲット!を夢見て期間中に、しかもお客さんが少なそうな平日に行ってみました。
 入りの方は、第 1 部は 9 割くらい、第 2 部は 6 割くらいでした。舞台の上には正月恒例の にらみ鯛 が鎮座ましましています。


 『花競四季寿』は四季をイメージした舞踊。とくに冬の「鷺娘」が美しく、途中で春の息吹を感じさせる衣装へ変わるところも見どころ。夏の「海女」に出てくる蛸もたのしい。

 『増補忠臣蔵』は、松の廊下で高師直(吉良上野介)に斬りかかった塩谷判官(浅野内匠頭)を抱き止めた加古川本蔵(多胡外記)の後日譚。最後は日本人好みの展開。

 『曲輪文章』(表記は「文章」で一文字)は、放蕩者の伊左衛門と遊女の夕霧太夫の話。とにかく夕霧が美しい。吉田屋の襖が松・竹・梅となっていて、おめでたさを演出。

 『新版歌祭文』は落語「愛宕山」でチラッと出てくるお染・久松の話。休憩を抜いても 4 時間近くあり、かなり長い。とくに「野崎村の段」はたっぷり。その「野崎村の段」では桂春團治の出囃子ともなっている曲が最後に演奏される。
 桐竹勘十郎の操る久三の小助がとくにすばらしく、性根の悪さが出まくり。


 寝不足もあって意識朦朧としまくりでしたが、要所で感じ入る場面があり、たっぷり堪能した感じでした。とくに勘十郎さんの人形は圧巻でした。
 第 1 部と第 2 部の間に、毎度お世話になっております T 先生に連れられて楽屋へ。そこで吉田和生さんに夕霧の頭を持たせていただきました。頭だけでもかなりの重量があり、さらに豪華な着物を着せて操ることを考えると、人形遣いもハードな肉体労働ですね。

国立文楽劇場

|

« 旭堂南半球のガンダム講談一年戦争 | トップページ | 三金・たま 誕生日二人会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24187/43652328

この記事へのトラックバック一覧です: 初春文楽公演:

« 旭堂南半球のガンダム講談一年戦争 | トップページ | 三金・たま 誕生日二人会 »