« あさ吉英語落語独演会 in 繁昌亭 | トップページ | 上方落語一心寺亭 »

年越しオールナイト落語会!

2008/12/31~2009/1/1 @動楽亭

  • 桂あやめ 《ごあいさつ》
    【ガールズ落語!】
  • 桂さろめ 「寿限無」
  • 笑福亭笑子 「動物園」
  • 桂ざこば 「尻餅」
  • おしどりマコ 《アコーディオン漫談》
  • 桂あやめ 「私はおじさんにならない」 (作:桂あやめ)
  • 《鹿芝居 「ゆく年に金が無いなり大晦日」》
    ―― 中入り ――
    【年忘れ新作ネタ合戦!】
  • 笑福亭たま 「ベルゼバブの蝿」 (作:笑福亭たま)
  • 桂三風 「西中野球部応援団」 (作:桂三風)
  • 桂雀三郎 「哀愁列車」 (作:小佐田定雄)
    ―― 中入り ――
    【芝居がかって御座候】
  • 林家染雀 「蛸芝居」
  • 笑福亭鶴笑 「パペット義経千本桜」 (作:笑福亭鶴笑)
  • 笑福亭松枝 「篤姫」 (作:笑福亭松枝)
  • 《108 つ!除夜の鐘小咄》
  • 《カウントダウン!》
    ―― 中入り ――
    【おめでた演芸タイム!】
  • 桂ぽんぽ娘・桂まめだ 《二人文楽》
  • 旭堂南湖 「隣のイスラエル」 (作:旭堂南湖)
  • 笑福亭笑子 《腹話術》
  • 月亭遊方 「公園の幼児ん坊」 (作:月亭遊方)
  • 笑福亭鶴笑 《紙切り》
  • 姉様キングス 《音曲漫才》
    ―― 中入り ――
    【干支落語 うし尽くし】
  • 桂三金 「ハンバーガーショップ」 (作:桂三金)
  • 笑福亭生喬 「うし」 (作:笑福亭生喬)
  • おしどり 《音曲漫才》
  • 笑福亭福笑 「牛ほめ」
  • 《年男の一位を当てまテン!》


 恒例の桂あやめプロデュース『年越しオールナイト落語会!』へ。
 ちょっと早めに列ぼうと会場の動楽亭(ざこばさんが席亭の寄席小屋)へ向かいましたが、ここは初めてで入口がわからん! 先に行かれてた方に電話して、マンション南側のオートロックの扉とは別に西側に専用入口を発見。大阪市営地下鉄「動物園前」駅 1 番出口の真正面です。
 待ち行列がどんどん伸びて、予定よりちょっと早めに開場。大入り満員。なかは雀のおやどが横に倍くらい拡がった感じの広さです。全面フローリングで、後方には床几が用意されてます。
 チラシでは 2 時頃終演となってましたが、配布された進行表によると 1:55 からのコーナーもあって、始まる前から確実に 2 時半頃になるスケジュールです。


 まずはプロデューサーのあやめがごあいさつ。予定数を超える予約があったそう。

 最初は女性噺家コーナー。
 トップのさろめは「寿限無」をなんとか。3 席目のネタか?

 笑子の「動物園」は母親と息子の会話から始まる独自の型。息子が男っぽかったり女っぽかったりが気になるも、独自の工夫もあってたのしい。

 ここで席亭のざこばがサプライズ出演。酔っ払う前に(?)「ちょっと落語の稽古をしたいもんで‥‥」と「尻餅」を。ざこば独特のザックリ感。サゲは「あとは白蒸しで」。

 席亭のあとでちょっと演りにくそうなマコリーヌ(おしどりマコ)。相方のケンのおもしろエピソードから、後半はマ○コリーヌに。

 ここまでは染雀が三味線で、ここからは林家和女に交代。高座にはあやめで姉妹共演。《魂の三部作》より「私はおじさんにならない」は、高座を重ねてかなり整理された印象でテンポ良く。

 鹿芝居の「ゆく年に金が無いなり大晦日」は「掛け取り」。金欠夫婦(小染、あやめ)のもとに借金取りが次々と押し掛ける。某料亭の女将(三金)とその息子(たま)、結婚を迫るフィリピン・パブの娘たち(笑子、ぽんぽ娘、さろめ)にどんな女でも OK の噺家(三若)、芸達者のホームレス(三風、遊方)、家主(生喬)とオカマ(染雀)。

 中入りを挟んで、新作コーナー。
 たまは業務連絡から。最初のコーナーからいきなり 30 分押しで、ここのコーナーの出番だった遊方と南湖が年明けに移動。
 遊方や笑子のおもしろエピソードから「ベルゼバブの蝿」を。原稿に書かれたことが現実に起こる《呪いの原稿》を読む噺を、なかばの《ムカデに魂を売ったとひと目でわかる男》が登場するところまで。

 自称《今回のメンバーのなかでいちばんの常識人》三風は「西中野球部応援団」。中学野球を応援する酔っ払いの噺。長渕剛の“とんぼ”と見せかけておいての「♪あかと~ん~ぼ」がツボ。

 空調チェック後に登場の雀三郎は《ちょっと早い初日の出》。「哀愁列車」は傷心の男子学生が雪国の列車で様々な人との交流を深める(?)噺。やかましい親子のしりとり歌合戦で飛び出すカンツォーネが秀逸。

 ほぼ予定の進行状況に戻り、中入りを挟んでここからは芝居噺特集。
 まずは染雀が「蛸芝居」。序盤に何度かつまずくも、本格的に芝居の場面が出てくると調子が出て、タコの登場で見得を切ると客席から「林家!」と声が掛かる。

 鶴笑はパペット落語で「義経千本桜」。つかみから抜群で、本編も凄まじいおもしろさ。天井が低くて釣り竿を使った宙乗りは演りにくそう。

 松枝の「篤姫」は、篤姫の紹介に艶笑小咄を重ねて。

 恒例の出演者全員による《108 つ!除夜の鐘小咄》には、飛び入りのざこばや桂まめだ、高座番の笑福亭生寿や、大トリの福笑も参加。遊方は擬音、三金は焼き肉、たまはアメリカ大統領、南湖は宗教の特集で。
 ギリギリ年越しに間に合い、あわてて飲み物を配ってカウント・ダウンで乾杯。

 中入りを挟んで、演芸(と新年送りになった遊方&南湖)タイム。
 まずはぽんぽ娘が楽屋で演ってる一人文楽を、特別ヴァージョンで二人文楽。ぽんぽ娘が太夫役、人形役でまめだが特別出演。演題は「まめだの恩返し」。

 南湖はプログラムに「ほのぼの」との記載。これまでの新作「はてなの原発」「池田の学会」「天皇陛下漫遊記」をサラッと紹介し、「隣のイスラエル」を。落語「隣の桜」に《パレスチナ問題》を重ねて。最後はなんだかしんみり。

 笑子の腹話術はおめでたい獅子舞から。時間帯に合わない芸に四苦八苦しつつ、“一月一日”を 3 体の人形とともに歌っておめでたく。

 ここでざこばが登場して高座の清掃。

 遊方の「公園の幼児ん坊」は、公園へ子どもを連れてきた父親同士の会話。息子の名前が「ジョン万次郎から取ってジョン次郎」がツボ。

 鶴笑はお得意の紙切りで、獅子舞、牛、福笑のリクエストで闇夜の動楽亭。

 演芸のトリは姉様キングス。都々逸、どんどん節、阿呆陀羅経。初めて聴いたどんどん節がなかなかたのしい。

 中入りを挟んで、干支落語コーナー。
 まずは三金が牛肉を使った「ハンバーガーショップ」。大食漢専門のハンバーガーショップの噺。ダブルバーガーはパティがダブルではなくハンバーガーでハンバーガーを挟んでると云う、それはトリプルではないのか!?!?

 生喬は出てくるなり様子がおかしい。座布団に座る前に縫い目を入念にチェックし、しゃべり始めるとかなり酔っ払ってる様子。
 牛にまつわるうんちくいろいろから、牛は昔はよだれ繰りと呼ばれていた‥‥と、「つる」のパロディーで「うし」。よだれ繰りもうぅ~~っと走ってきて浜辺の松へポイッと止まる。普段のカチッとした高座からは考えられないグダグダ感でおもしろさ倍増。

 おしどりはシャンソンいろいろから、丑年と云うことで“ドナドナ”でお遊び。めずらしくケンが振ってマコが応える。

 落語の大トリは福笑。マクラを振ってるところに片目をつぶったざこばが登場。福笑は困ったようでうれしいような表情。
 「牛ほめ」は大きくいじることなく、それでも細部の緻密さと猛烈な勢いは福笑ならでは。

 最終プログラム《年男の一位を当てまテン!》は、あやめが任意に選んだ 10 項目に年男の福笑、三風、南湖が順位を付け、参加芸人が笑福亭系(笑福亭と林家)チームと多国籍軍(その他)チームに分かれて 1 位を選ばないように項目を消していくゲーム。観客はどっちのチームが勝つか投票。
 まずは南湖で《尊敬する人物》。笑福亭松鶴、南方熊楠、ヒットラー、真田幸村、イチロー、織田信長、三億円事件の犯人、小室哲哉、増田敏英(ノーベル物理学賞)、チャップリンの 10 人。1 位はチャップリンを多国籍軍チームが選んでドボン。
 つづく三風は《彼女とふたりっきりのときに着てほしい衣装》。極妻風の着物、ビキニ、作務衣、ブルマ(体操服)、G パンに T シャツ、メイド、秘書、ナース、日ハムのユニフォーム、裸エプロンの 10 種。1 位は秘書で、笑福亭チームが選んでドボン。これで同点に。
 最後の福笑は《好きな女性》。上戸彩、重信房子(日本赤軍)、吉永小百合、マリリン・モンロー、ロミ山田、マリア・シャラポワ、安藤美姫、増田明美、秋吉久美子、向井(繁昌亭スタッフ)の 10 人。弟子のたまがいる笑福亭系チームが有利かと思いきや、笑福亭チームが 1 位のマリリン・モンローを選んでしまってドボン。2 対 1 で多国籍軍チームの勝利。
 勝った多国籍軍チームに投票した観客のなかから 1 名に、福笑の手拭いと「五代目桂小米朝」と書かれたサイン色紙のプレゼント。

 最後の最後に年男の福笑の発声で大阪締め。


 20 時から始まって 4 時前に終演。実に約 8 時間の会となりました。メチャクチャおもしろかったですし、これでドリンク付き 3 千円はお得過ぎる会です。しかもドリンクのおかわりをいただきましたから、お得度アップ!

|

« あさ吉英語落語独演会 in 繁昌亭 | トップページ | 上方落語一心寺亭 »

コメント

わさびさん、本当にお世話になりました!!
お陰様で迷子にもならず、良い席で堪能できて嬉しかったですnote

私も、普段と違う生喬さんがおかしくて
ものすごくウケてしまいましたsmile
遊方さんはまた
「三風さんは、嘘つくと乳首立つねん!!」
と言ってましたね(笑)

とにかく楽しくて幸せな年越しでした。また行きたいなぁ~shine

投稿: おリョウ | 2009.01.04 20:19

■ おリョウ さん
遠路はるばるご苦労さんでした。
生喬さんの酔っ払いもおもしろかったですが、南湖さんが白い顔で出てきて「この状況でもまだ断酒できてる!」と思いました。:o)
遊方さんはゲームとかトークとかでは弾けまくりですね。
逆に鹿芝居の歌はマジになってて、ちょっと照れてるのもおかしかったです。:o)
今年の年末もどうぞ~。(気ぃ早過ぎ)

投稿: わさび | 2009.01.05 02:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24187/43608484

この記事へのトラックバック一覧です: 年越しオールナイト落語会!:

« あさ吉英語落語独演会 in 繁昌亭 | トップページ | 上方落語一心寺亭 »