« 鈴本演芸場 三月上席 夜の部 | トップページ | 坂口修一二人芝居 さようなら、大林さん(芝居のタイトルではありません) »

イッセー尾形のこれからの生活 2009 in 大阪

2009/3/6 @ほたるまち ABC ホール


 かぁ~んなり久しぶりにイッセー尾形の一人芝居へ。近鉄アート館で演ってたときはよく行ってたんですが、会場を近鉄小劇場へ移してからは行った記憶がありませんから、ひょっとすると 10 年以上振りかも。
 チケット手配で油断してまして、発売日の昼過ぎぐらいですでに土日分は完売。この日もすでにかなり売れてて後方の席になりました。フタを開けてみると、最後方には少し空席があって 9 割入り。
 開場直後ぐらいに会場へ到着したんですが、ロビーにスナック&ドリンクのサービスが用意されてて、なんとなくまったりした雰囲気です。金額的には 1 万円も掛かってないと思いますが、ちょっと小腹の空く時間帯ですし、こう云う心配りはうれしいですね。
 以下、タイトルは私が勝手に付けました。


御来光でフラダンス
 忘年会の盛り上がったノリで、元旦に御来光を受けながらフラダンスを踊ることになり、とある山小屋に集まった主婦のグループ。そこへ婚約したカップルが訪れて‥‥。
 妙な設定と主婦のキャラクターもさることながら、なぜか“瀬戸の花嫁”に乗せて寒がりながらフラダンスを踊る姿が秀逸。

大阪のおばちゃん in 銀座
 飛び込み営業で大阪から商材を持参して銀座を訪れた数名のキャリア・ウーマンが、街角で一服。
 大阪弁の微妙さを差し引いても、どっかにいそうなおばちゃんのキャラクターがおもしろい。プラダの前で踊るもツッコミなくスルーされ、意地になって踊る場面に爆笑。

バイオリニストのボヤキ *
 楽団の練習のあと、舌っ足らずのバイオリニストの男がイライラしていたマエストロのことをボヤきながらあれこれ推測する。
 マエストロのしゃべり方をバイオリンで再現したりの音楽ネタ。

交番前 *
 自転車盗難に遭った小学 5 年生の男の子が交番へ届けに行く。そこへ気になる女の子が‥‥。
 当たり前だが、男の子がやたら親父クサい。リコーダーを取り出して吹いたのが定番の“アマリリス”だったのがツボ。

ビーチでお盆 *
 親戚一同揃って海水浴へ。おばさんは「パラソルないの?」とボヤきまくり。
 昨年末の サンケイホールブリーゼでの公演 でほぼ完成型として演られていたネタ。おばさんが砂を熱がる様子がツボ。

新橋のアマンド
 カタカナ語を連発する管理職クラスの男が、携帯電話の相手に接待を強要。
 バブル崩壊以前なら日常的に見られた風景かも。意味をあまり理解してないカタカナ語を連発する様子が、さもありなんでおもしろい。

おばあちゃんの昔話 *
 昔話を訊かれたおばあちゃんが、こわい話、かなしい話、おろかな話を。
 最後に影絵の御神楽でサギを。この影絵も ブリーゼでの公演 で演ってたネタ。影絵から本編を膨らませたのかも。

街頭ミニコンサート
 商店街の宣伝のため、どこかの店の息子(年齢は 30 代くらい)が街頭で弾き語りコンサート。
 デタラメな英語や、ほとんど吹けないのにトロンボーンに挑戦したりと、ムリしてる感がおもしろい。


 全 8 編がすべてネタ下ろしで約 2 時間。どれも良くできてておもしろかったです。 * 印付きは昨年末の サンケイホールブリーゼでの公演 でもその原型が観られました。
 昔の「アトムおじさん」みたいなぶっ飛んでてあり得そうにないのもおもしろいんですが、今回みたいにありそうなラインからちょっとはみ出したくらいが、イッセーさんの芸のスタイルに合ってるように思います。

 次回は会場をシアター・ドラマシティに移し、『イッセー尾形のこれからの生活 2009 in 夏の大阪』と題して 7 月 17 日(金) ~ 19 日(日)に開催されます。「ネタは ABC ホールとは違う新ネタ公演です!」とのことです。

イッセー尾形オフィシャルサイト

|

« 鈴本演芸場 三月上席 夜の部 | トップページ | 坂口修一二人芝居 さようなら、大林さん(芝居のタイトルではありません) »

コメント

こんばんは。
御丁寧な返信をありがとうございます!
しかも告知までして頂いて感謝で御座います。
今回は残念ですが、また機会があれば★
ありがとうございました!

投稿: はる福 | 2009.03.16 21:15

たぶん、2回目の書き込みだと思う(^^ゞひよこデス。

私は土曜日に行きました!
ご存じかもしれませんが、イッセーさんの会に入っていれば
先行予約があるので、席はどこになるかはわかりませんが、
土日でも必ず観ることができますよ(*^-^)

大阪弁は確かに微妙ですが「とんかつの女」(←私も勝手に付けました^^;)
の時よりは、かなり上手くなられたと思います。

7月公演が楽しみ~♪

突然に失礼しましたm(_ _)m

投稿: ひよこ | 2009.03.16 21:36

■ はる福 さん
トピックスの内容に関係なく書き込める掲示板の設置が必要かもしれませんね。
ひょっとすると行けるかも‥‥です。

■ ひよこ さん
公演頻度の高い地域なら年会費払っても元取れそうですね。
次回公演はシアター・ドラマシティで、個人的にはちょっと微妙。
イッセーさんの芸は小さい会場が合うと思います。

投稿: わさび | 2009.03.16 23:28

> イッセーさんの芸は小さい会場が合うと思います
私も、そう思います。
(落語も、マイクを使わない規模の会場の方が好きデス!)
でも、関西で観られる回数は少ないので、会場が大きくても
行っちゃいますね~(*´v゚*)ゞ

投稿: ひよこ | 2009.03.17 21:26

■ ひよこ さん
確かに公演機会が少ないと「近くに来たときはぜひとも!」となりますね。
あとはせいぜい「良席確保を!」ですね。:o)

投稿: わさび | 2009.03.18 18:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24187/44284196

この記事へのトラックバック一覧です: イッセー尾形のこれからの生活 2009 in 大阪:

« 鈴本演芸場 三月上席 夜の部 | トップページ | 坂口修一二人芝居 さようなら、大林さん(芝居のタイトルではありません) »