« 東西師弟笑いの喬演 | トップページ | できちゃったらくご! »

繁昌亭昼席

2009/3/29 @天満天神繁昌亭

  • 林家染太 「いらち俥」
  • 桂壱之輔 「転失気」
  • 林家染雀 「子ほめ」
  • 千田やすし 《腹話術》
  • 桂あやめ 「コンパ大作戦」 (作:桂あやめ)
  • 桂三金 「奥野君のコンパ」 (作:桂三金)
    ―― 中入り ――
  • 姉様キングス 《音曲漫才》
  • 笑福亭仁嬌 「佐々木裁き」
  • 桂三象 「農業祭」 (作:桂三象)
  • 笑福亭福笑 「葬儀屋さん」 (作:笑福亭福笑)

※ 第 131 週


 今席は三金さんの《繁昌亭大賞・創作賞》受賞記念の週で、三金さんは中トリに登場。他の出演者もなかなか良い組み合わせと云うことで最終日に。相変わらずの大入り。


 トップの染太「いらち俥」は表情が漫画チック。土管を何本も飛び越え拍手喝采。

 壱之輔の「転失気」は定番ネタで安定かんがあり、安心して観てられる。

 染雀は寄席での羽織の使い方を笑いを交えて紹介してから「子ほめ」を。安定感抜群で上手さが光る。

 千田やすしの腹話術は、オーソドックスな男の子の人形とのやり取り。

 あやめは若手噺家のコンパ事情をマクラに、定番の「コンパ大作戦」へ。繰れまくりのおもしろさ。

 中トリの三金は、デブにまつわるエピソードいろいろをマクラに、こちらも定番の「奥野君のコンパ」を。完全にあやめとネタが付いてるが、男視点なんで OK か? ゲーム・コーナーでは他のネタのクスグリも入れての拡大完全版。

 中入りを挟んで、色物で姉様キングス登場。この日の演し物は、欽来節、都々逸、金色夜叉、阿呆陀羅経。昼席向けに A 面ネタだが、にぎやかで十分おもしろい。

 姉キンと三象と云う強烈なところに挟まれての仁嬌は「佐々木裁き」をきっちり丁寧に。四郎吉を始めとする子ども連中がかわいらしい。

 今席は色物枠から外れた三象。おなじみの自虐ネタから、農業祭の余興によばれたときの話をおもしろおかしく構成した漫談をたっぷりと。

 トリの福笑はマクラでガス漏れ警報器の話をしてると、突然客電が落ちるアクシデント。それにもめげずマクラからガンガン笑わせ、十八番の「葬儀屋さん」へ。何度観てもおもしろい。


 落語は半分が新作でした。こんな番組は《創作賞》受賞記念ならではでしょうね。最初から徐々に盛り上がり、会場の笑いも多く、かなり良い昼席でした。これくらいおもしろいと、初めて来られたお客さんもまた来ようと思うんじゃないでしょうか。

天満天神繁昌亭

|

« 東西師弟笑いの喬演 | トップページ | できちゃったらくご! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24187/44505308

この記事へのトラックバック一覧です: 繁昌亭昼席:

« 東西師弟笑いの喬演 | トップページ | できちゃったらくご! »