« LORDI - DEADACHE Japan Tour 2009 | トップページ | たまのフレンドリー寄席スペシャル »

島之内寄席 四月席

2009/4/18 @ワッハホール

【繁昌亭大賞受賞者の会】

  • 林家市楼 「看板の一」
  • 桂吉坊 「宿屋町」
  • 桂三金 「デブのお肉に恋してる」(作:桂三金)
  • 笑福亭銀瓶 「寝床」
    ―― 中入り ――
  • 桂文華 「勘定板」
  • 桂吉弥 「親子茶屋」


 吉弥さんが出ると云うんで早めに前売り券を手配しましたが、案の定、前売り完売で立ち見も出る盛況に。入れなかった方もおられたようです。吉弥ファンが多数詰めかけたようで、蜩紋の T シャツを着た方も。


 トップバッター市楼は「看板の一」をきっちりそつなく。とくに後半はもう少し誇張しても良さそうだが、ここらはバランスが難しいところか。ツボツボで笑いが起こり、良い露払いに。

 輝き賞の吉坊は「宿屋町」を。相変わらず口跡良く安定感抜群だが、時間を気にしてかやや走り気味で、客の方がついていけてない印象。もったいない。

 創作賞の三金はマクラからデブネタ全開で「デブのお肉に恋してる」へ。デブの奥野君がサークルでいちばんかわいいマキちゃんに惚れられる噺。マキちゃんのくしゃみもかわいらしく、男子組と女子側の会話の対比がおもしろい。

 奨励賞の銀瓶は、自分より若い人とカラオケに行ったときの話から、梅沢富美男の“夢芝居”や谷村新司の“群青”でええノドを聞かせ、上手い流れで「寝床」へ。旦那のすね方が子どもみたいでかわいい。独自の工夫もあちこちにあり、独特の軽さが心地良い。

 中入りを挟んで、爆笑賞の文華は方言のいろいろをマクラに「勘定板」を。算盤の上に盛られたナニを見たときの番頭の表情がとにかく秀逸。下ネタだが一見の価値あり。

 大賞の吉弥は、一門の長・米朝が入院した話から、米朝のお供でお茶屋へ行ったときの話、米團治の話へとマクラをつなぎ、完璧な流れで「親子茶屋」へ。わかりにくい言葉はわかりやすい表現に置き換えたり、伝えるための工夫も。若さゆえの軽さは否めないが、そつのない高座。


 中堅若手の番組でしたが、満足度の高い会でした。そのなかでも印象に残ったのが文華さんの《番頭の驚愕の表情》で、これは一見の価値があると思います。さすがは爆笑賞!‥‥と、ハードルを上げたりして。

 次回は 5 月 16 日(土)です。

島之内寄席

|

« LORDI - DEADACHE Japan Tour 2009 | トップページ | たまのフレンドリー寄席スペシャル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24187/44725187

この記事へのトラックバック一覧です: 島之内寄席 四月席:

« LORDI - DEADACHE Japan Tour 2009 | トップページ | たまのフレンドリー寄席スペシャル »