« らくご道 笑福亭生喬と桂こごろうの落語会 | トップページ | きん枝のがっぷり寄席 »

繁昌亭昼席

2009/4/6 @天満天神繁昌亭

  • 森乃石松 「鉄砲勇助」
  • 林家笑丸 「看板の一」
  • 桂出丸 「替り目」
  • 幸いってん 『寛政力士伝』より「雷電と小野川 遺恨相撲」(曲師:一風亭初月)
  • 森乃福郎 「手水廻し」
  • 笑福亭鶴志 「野崎詣り」
    ―― 中入り ――
  • ミヤ蝶美・蝶子 《漫才》
  • 柳家喬太郎 「擬宝珠」
  • 笑福亭生喬 「野ざらし」 《踊り》「五段返し」
  • 桂梅團治 「佐々木裁き」

※ 第 133 週


 もともとこの日の夜席に柳家喬太郎さんが出演と云うことでチケットを買ってたんですが、よく考えると「夜席に東京の噺家さんが出られるときは昼席にも」と云うパターンが多いんで、調べてみると案の定。即座に繁昌亭カードのポイントで予約しました。
 平日の昼席はひさしぶりでしたが、1 階席はほぼ埋まるも 2 階席は空席あり。いわゆる《繁昌亭バブル》もぼちぼち落ち着いてきたようです。


 石松、笑丸、出丸と、いつもどおりまったりと。

 色物は浪曲の幸いってん。初めてだったが、なかなかシュッとした男前。座って唸るのはいつもと違って演りにくかろうが、雰囲気たっぷりで浪曲のリズムも心地良い。
 演し物は講談でおなじみ『寛政力士伝』より「雷電と小野川 遺恨相撲」と題し、「雷電の初相撲」のくだりを。横綱・谷風に弟子入りした雷電の初土俵の相手が、因縁のある小野川部屋の八角。筋立てを知ってると理解しやすく、心地良いリズムに身をゆだねる。雷電と八角ががっぷり組んだところでお時間と、ここらも講談と同趣向。

 福郎は「手水廻し」をあっさりと。

 中トリの鶴志は腰痛だそうで、整骨院へ寄ってから繁昌亭入りし、痛み止めも飲んだがほとんど効果がないと、かなりつらそう。それでも春團治に稽古を付けてもらったときの話をマクラに「野崎詣り」をたっぷりと。意外にも喜六のとぼけた表情や困った様子がたのしい。

 中入りを挟んで、ミヤ蝶美・蝶子の漫才。蝶子のキツいツッコミがこわおもろい。蝶美の「てーい!」もお約束。最後は野菜の 1 から 10 でまとめる。

 お待ちかねの喬太郎が登場すると、会場のあちこちから「待ってました!」の声が掛かる。禁煙ブームに物申してから「擬宝珠」へ。ちょっと気持ち悪い噺だが、概ね好反応。熊五郎が若旦那の枕元で「女じゃないんですか‥‥じゃあこの噺は『崇徳院』じゃねえな」や「ミカンが喰いてえんですか?」など、マニアックなクスグリは昼席の客には反応薄め。

 生喬は「野ざらし」をコンパクトに、おまけで踊り「五段返し」を。

 緋毛氈が敷かれ、トリの梅團治は高速道路料金割引の話に始まって、いろいろとマクラをつなぎながら上手い具合に子どもの話へと着地してから「佐々木裁き」へ。やわらかい語り口で子どももかわいらしく、後半の四郎吉の生意気さもたのしい。丁寧にたっぷりの一席。


 お目当ての喬太郎さんはもちろん、中トリ以降は充実で、なかなかの満足度の昼席でした。とくに幸いってんさんが拾い物で、こんな出会いが寄席の醍醐味ですね。

天満天神繁昌亭

|

« らくご道 笑福亭生喬と桂こごろうの落語会 | トップページ | きん枝のがっぷり寄席 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24187/44590978

この記事へのトラックバック一覧です: 繁昌亭昼席:

« らくご道 笑福亭生喬と桂こごろうの落語会 | トップページ | きん枝のがっぷり寄席 »