« 堂島 nagomi 倶楽部 | トップページ | 今池末広亭講談会 南湖十番勝負 »

大須演芸場 皐月上席

2009/5/6 @大須演芸場

  • 雷門福三 「雀とり」
  • かつら竜鶴 《三味線漫談》
  • 横山ともや・たきや 《上方漫才》
  • 柳家三亀司 《江戸曲独楽》
  • 雷門幸福 「真田小僧」
  • 星まゆみ 《美人演歌》

※ 1 巡目


 ひさびさに名古屋遠征。小雨の降るなか、いつものように 割引券 を持って大須演芸場へ。この日発売のチケットがあったんで名古屋駅のチケットぴあへ寄って、ちょっと時間を潰してたら開演に間に合わず。
 お客さんは、最初は 10 人ほどでした。


 福三がマクラ代わりに小咄を演ってるところで入場。ネタの「雀とり」(?)は「鷺とり」の前半部分。江戸が舞台で、まかれた酒漬けの米を最初に食べに行くのは上方の雀。

 三味線漫談の竜鶴は、ソーラン節やのんき節。声は良いが客あしらいが悪い。

 ともや・たきやは横山たかし・ひろしの弟子で松竹芸能所属の漫才コンビ。臨機応変さに欠ける印象だが、後半は超能力をネタに客いじりを交えて笑いにつなげる。

 三亀司はボヤきつつの曲独楽。妙技の羽織渡りは一発で決める。お見事!

 幸福は前日の《こどもの日》にちなみ、子どもの小咄から「真田小僧」を。独特のクサめな語り口。

 トリの星まゆみは歌謡ショー。途中で客席に降りてくるサービスぶり。


 相変わらずのゆるゆるした雰囲気で、まぁこれが大須でしょう。納得ずくで観に行ってますから。三亀司さんの曲独楽は必見です。(トークはちょっとキツいですが‥‥)
 次があったんで 1 巡したところで退散。帰る頃にはお客さんが 30 人くらいに増えてました。これまででいちばんの大入りです。

 小雨もあがり、大須から今池へ移動。

なごやお笑い寄席 大須演芸場

|

« 堂島 nagomi 倶楽部 | トップページ | 今池末広亭講談会 南湖十番勝負 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24187/44924465

この記事へのトラックバック一覧です: 大須演芸場 皐月上席:

« 堂島 nagomi 倶楽部 | トップページ | 今池末広亭講談会 南湖十番勝負 »