« 講談毎日亭 皐月一週間 | トップページ | 講談毎日亭 皐月一週間 »

講談毎日亭 皐月一週間

2009/5/20 @雀のおやど

  • 旭堂南青 『真田大助』
  • 旭堂南海 『坂本龍馬』
  • 旭堂南湖 『中山安兵衛』

※ 6 日目


 インフルエンザもどこ吹く風、きょうもきょうとて雀のおやどへ。お客さんの方は少し減って 12 人ほど。これまで皆勤だった方が数名脱落。まぁ最近はほかにもいろいろ会が多いですから、仕方ないかも。


 南青はこの日、難波から鶴橋まで歩いてきたそうで、すれ違うマスクの女性に色香を感じ、マスクの男性は変態に見えるそう。「南湖兄さんはいつもマスクしてるんですよね」。
 駿府の徳川家康から兄の真田伊豆守を送り込まれた大坂城の真田幸村は、息子の真田大助を駿府に送り込む。妖刀村正を携えた大助は共の者を振り切り、単身駿府城へ。家康殺害に失敗した大助は捕らわれるが、幸村を恐れた家康は大助を大坂へ帰す。

 南海はマクラ代わりに『神田愛山独演会』や『TORII 講談席』の宣伝をしてから本編へ。
 勝海舟の一番弟子になった坂本龍馬は、商社の設立に奔走する。薩摩と長州との間に立たされた龍馬は、商社の立場で薩長同盟に一役買う。幕末の志士が続々と登場。

 南湖はマクラで、講談師としてのこれまでの 10 年を振り返り、これからの 10 年を標榜する。ゴールデン・ウィークの東京道中記も。
 菅野六郎衛門に恥をかかせてやろうとして逆に恥をかかされた村上兄弟は、中津川勇範の入れ知恵で六郎衛門に果たし合いを吹っ掛ける。六郎衛門は死ぬ気で果たし合いに挑む。六郎衛門からの手紙を受け取った中山安兵衛は高田馬場へ急行するも、すでに叔父の六郎衛門は無残な姿に。


 いずれも「いよいよ大団円」と云うところまで。とくに南湖さんの『中山安兵衛』は山場中の山場、高田馬場十八人斬りですから、最終日だけでもどうぞ。

|

« 講談毎日亭 皐月一週間 | トップページ | 講談毎日亭 皐月一週間 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24187/45057748

この記事へのトラックバック一覧です: 講談毎日亭 皐月一週間:

« 講談毎日亭 皐月一週間 | トップページ | 講談毎日亭 皐月一週間 »