« らくご道 笑福亭生喬と桂こごろうの落語会 | トップページ | 講談毎日亭 皐月一週間 »

講談毎日亭 皐月一週間

2009/5/15 @雀のおやど

  • 旭堂南青 『真田大助』
  • 旭堂南海 『坂本龍馬』
  • 旭堂南湖 『中山安兵衛』

※ 1 日目


 恒例の旭堂 3 人組による続き読みの会です。今回、昼興行は土日のみと云うことでサラリーマンでも行きやすく、しかも南湖さんが『赤穂義士銘々伝』から堀部安兵衛の若かりし頃をトリで語ると云うことで、通しで行く気で参戦です。
 入りは 15 人ほどで、南湖さんによるとご新規さんはおられなかったそうな。


 南青は真田幸村の息子の大助の話。
 歴史的には 15 歳で切腹したとされるが、講談では切腹したのは影武者で、本人は薩摩へ落ち延びた‥‥と云うことを導入に。父の幸村は九度山で阿呆のように過ごしており、大助は悪たれ小僧で泥だらけの毎日。

 南海は坂本龍馬の話。
 そのルーツをたどると明智光秀につながるそう。龍馬が生まれる前に母親の夢を見て、生まれたときに馬のたてがみのような毛が背中に生えていたことから、龍馬と名付けられた。姉の乙女に厳しく育てられた話をたっぷり。

 南湖は赤穂浪士の堀部安兵衛の若い頃、中山安兵衛の話。
 中山安左衛門の息子の安太郎は真面目な男だったが、ひょんなことから芸者の小さんと恋仲となり、小さんが妊娠したことをきっかけに駆け落ち。その後に生まれた子どもを安之助と名付け、これが後の安兵衛。若くして母の小さんは亡くなり、父の安太郎も病気がち。幼い安之助が日銭を稼いで父親の薬を手配するが‥‥。


 続き読みらしく、いずれも主人公の誕生から。みなさん 1 週間の続き読みのペースをつかまれてるようで、ゆるりとした感じのスタートでした。

|

« らくご道 笑福亭生喬と桂こごろうの落語会 | トップページ | 講談毎日亭 皐月一週間 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24187/45027419

この記事へのトラックバック一覧です: 講談毎日亭 皐月一週間:

« らくご道 笑福亭生喬と桂こごろうの落語会 | トップページ | 講談毎日亭 皐月一週間 »