« 笑福亭福笑独演会 | トップページ | 花花寄席 »

出没!ラクゴリラ

2009/6/9 @ワッハ上方レッスンルーム

【第 80 回&五代目文三襲名記念会】

  • 《記念口上》
  • 笑福亭生喬 「つる」
  • 桂こごろう 「野崎詣り」
    ―― 中入り ――
  • 林家花丸 「ろくろ首」
  • 桂文三 「高津の富」
  • 《わいわい抽選会》

※ 第 80 回


 今回のラクゴリラは 80 回記念に文三さんの襲名記念が重なって、なんともおめでたい雰囲気です。お客さんも続々と詰め掛けて、何度も膝送りがありました。最終的には 120 人を越える入りに!


 まずは記念口上。下手側より、花丸、文三、こごろう、生喬、の順に黒紋付き袴姿で着座。文三は頭を下げたまま。花丸、生喬、こごろうの順に、それぞれらしい口上のあと、文三もまとめるように挨拶。賑々しく、笑いたっぷり。
 最後は花丸の音頭で大阪締め。

 生喬はマクラで文三襲名の裏話を。昨年の彦八まつりの実行委員長だった笑福亭松喬が、そこで開く落語会をプレ襲名の会にしようと実行委員会で提案。すでに桂小米朝(米團治)、桂春菜(春蝶)、笑福亭小つる(枝鶴)の 3 人は決まっていたが、落語会は 4 回。松喬が委員会に来ていた桂あやめに「文枝一門では襲名はないんか?」と訪ねると「ないこともないんですけど‥‥」との返答。文枝一門の飲み会の席で「つく枝を文三に」との話題が出たことがあったそう。松喬は「それでいこ!」と、それからの根回しで襲名が実現したとか。
 「つる」は基本どおりきっちりと。メリハリがあり、ツボツボでしっかりウケる。

 軽いネタの生喬が思いのほかウケたため、こごろうは張り切って「本気出したんねん!」。めずらしくマクラを振ったり。
 季節はずれの「野崎詣り」は、スラッと背の高い清八はしっかり者、ズングリ背の低い喜六はうっかり者、とキャラクターを明確にした演出。こごろうらしくワチャワチャしたたのしい雰囲気に。

 前半は大阪芸術大学、後半は桃山学院大学。

 花丸は自身の結婚披露宴の司会をこごろうに頼んだときのいきさつから、現在の夫婦の立場へとマクラをつないで、唐突に「ろくろ首」へ。やもめのお気楽さが花丸のニンに合ってて、しかも以前よりもクスグリ増量。おなじみの「猫さ~ん、この上ながら」もたのしい。

 文三は師匠の桂文枝が「難しいで」と云いつつもきちんとした稽古を付けてくれなかった「高津の富」を、基本どおりきっちりと。一番が当選したと理解したホラ吹き男が興奮のあまりエズきまくる様がおもしろく、宿屋の亭主も同じようにエズき、その女房までもエズくと云う念の入ったかぶせ。たっぷりの一席。

 最後に全員登場しての抽選会。それぞれ扇子や手拭いなどで、こごろうはオリジナル T シャツなどを。花丸の手拭い&千社札セットをゲット!


 落語は文三さんに他のメンバーが花を持たせた印象でした。それに応えて文三さんはたっぷり。口上も抽選会もたのしく、ラクゴリラらしくほっこりにぎやかな会でした。

 終演後は 東京からのお客さん を交えて御一献。落語話に花が咲きました。

 次回は 8 月 14 日(金)です。

出没!ラクゴリラ

|

« 笑福亭福笑独演会 | トップページ | 花花寄席 »

コメント

まいどまいどありがとうございます♪
いやいや、今回も本当に楽しい会でした~
反省会(^^)も、話がつきませんですね!

次回は横浜でのラクゴリラ、
この日落語協会の「円朝祭」と重なっているのですが、
なんとかやりくりしなくっちゃです!

投稿: 築地の柳 | 2009.06.16 00:09

■ 築地の柳 さん
大阪の会に普通にいてはるんで、ビックリでした。:o)
ラクゴリラを圓朝まつりにぶつけるとは、横浜にぎわい座も酷なことを‥‥。

投稿: わさび | 2009.06.17 00:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24187/45297113

この記事へのトラックバック一覧です: 出没!ラクゴリラ:

« 笑福亭福笑独演会 | トップページ | 花花寄席 »