« 繁昌亭昼席 | トップページ | 花花寄席 »

きん枝のがっぷり寄席

2009/7/6 @天満天神繁昌亭

  • きん枝・鶴瓶 《対談》
  • 笑福亭鶴瓶 「立ち切れ」
    ―― 中入り ――
  • 桂きん枝 「皿屋敷」

※ 五番勝負


 今回はゲストが鶴瓶さんと云うことで、あっと云う間に前売り券が完売したそう。大入り満員。


 鶴瓶からの提言で、きん枝の挨拶につづいてまずは鶴瓶との対談コーナーから。年齢は同じだが、高校卒業と同時に入門したきん枝が先輩で、大学を中退して入門した鶴瓶が後輩。それぞれの兄弟弟子や師匠のことなど。ふたりとも、自身の師匠には稽古を付けてもらっていないと云う共通点が。

 落語は鶴瓶から。お茶屋遊びの経験談や、中村勘三郎へのいたずらなど、お茶屋にまつわるおもしろエピソードから、時間をはかる線香 1 本が約 45 分だったことなどをマクラに「立ち切れ」を。基本ラインはそのままに細部にかなり手を入れて鶴瓶味に仕立てた感じだが、それが逆にわずらわしく感じられる場面が多い。番頭や女将に時折グッとくるセリフがあるだけに、全体的に残念な印象。
 客も悪い。鶴瓶目当てと思われる客はちょっとしたクスグリで大げさに笑う。ネタに入ってから携帯が鳴ったり、その電話に出るためか退席したり。

 中入りを挟んでのきん枝は、鶴瓶の「立ち切れ」を受けて桂米團治の失敗談いろいろ。もともと「まんじゅうこわい」を予定していたそうだが、夏と云うことでか「皿屋敷」に変更よう。
 その「皿屋敷」は 20 年ぶり 2 回目の口演だそう。こちらは基本どおりきっちり。途中、皿屋敷へ出掛ける前の酒盛りの場面で、六代目・笑福亭松鶴のエピソードをサービス。終盤、愛想の良いお菊が出てくるあたりで息切れしたか、流したようになってしまったのがなんとも残念。


 対談は 30 分ほどあって、たっぷりたのしませていただきました。お二人の芸歴からすれば、時間さえあればいくらでもしゃべれそうな雰囲気でした。
 鶴瓶さんの「立ち切れ」は初めてだったんですが、自分らしさを盛り込みたいと云う意欲は理解できるんですが、普通に演ってもらった方が響いてくる気がします。味付けはそのあとでも良いのでは?と思います。
 逆にきん枝さんは教科書どおり演られた感じで、こちらは好印象でした。口演を重ねれば最後まで完走できるようになると思います。

 次回は 10 月 6 日(火)です。ゲストは東京の三遊亭小遊三さんです。

落語家 桂きん枝の初めての子育て

|

« 繁昌亭昼席 | トップページ | 花花寄席 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24187/45560107

この記事へのトラックバック一覧です: きん枝のがっぷり寄席:

« 繁昌亭昼席 | トップページ | 花花寄席 »