« 育っちゃったらくご! | トップページ | 出没!ラクゴリラ »

桂三枝一門会

2009/8/12 @天満天神繁昌亭

【怪談スペシャル 私のお墓の前で笑ってください】

  • 《ご挨拶》
  • 桂三四郎 「幽霊アパート」(作:桂三枝)
  • 桂三金 「奥野君の幽霊」(作:桂三金)
  • 桂三象 「高尾」
    ―― 中入り ――
  • 桂三若 「一眼国」
  • 桂三風 「恐怖の怪談社」(作:桂三枝)

※ 第 12 回


 招待券をいただいたんで参戦。招待券出してるくらいだから空いてるかと思いきや、補助席も出る大入り。

 最初に一門勢揃いでご挨拶。総領の枝三郎が進行役だが、まったく打ち合わせなしだったのか、「なにか怖いことは?」の振りで皆しどろもどろ。枝三郎のフォローが「ウチの一門、口下手なんです」。

 三四郎の「幽霊アパート」は「借家幽霊」の現代版。持ち時間の都合で途中まで。おそらくオリジナルな展開になるであろう、つづきが気になる。

 三金の「奥野君の幽霊」は、デブの奥野君の幽霊が戸の隙間から入れなくて困ってるところがツボ。

 三象が古典を演るのを観るのは初めて。「高尾」はきっちり春團治の型を踏襲するも、早口で聴き取りづらい場面があちこちに。

 三若の「一眼国」は早口でも聴き取れるから不思議。

 三風の「恐怖の怪談社」は、結婚を控えた男のもとに死んだ母親から手紙が送られてくる噺。バラシで会場にモンスターが登場。なかに本物のお化け(笑福亭松五)の姿も。

|

« 育っちゃったらくご! | トップページ | 出没!ラクゴリラ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24187/45910879

この記事へのトラックバック一覧です: 桂三枝一門会:

« 育っちゃったらくご! | トップページ | 出没!ラクゴリラ »