« 恐竜 2009 砂漠の奇跡 | トップページ | 笑福亭たま・旭堂南湖 二人会 »

お笑い怪談噺の夕べ

2009/8/2 @天満天神繁昌亭

【ホンモノのユーレイも出まぁーす!】

  • 笑福亭たま 「ベルゼバブの蝿」(作:笑福亭たま)
  • 林家染雀 「足上がり」
  • 桂米左 「応挙の幽霊」
    ―― 中入り ――
  • 旭堂南鱗 『鍋島猫騒動』より「生首の碁盤」
  • 笑福亭福笑 「備後屋敷」(作:笑福亭福笑)

※ Vol. 3


 1 階席に 7 割ほどの入り。

 たまの「ベルゼバブの蝿」はかなりブラッシュアップされた感じで、とくに死人が出なくなったことに好感。整理されるとギャグもあっさりした感じになって、ここらはバランスが難しいところかも。

 染雀の「足上がり」、米左の「応挙の幽霊」、それぞれそつなく。

 南鱗の「生首の碁盤」は『鍋島猫騒動』の一節。落語「へっつい幽霊」と同趣向ながら、とくに後半がかなり怖い話。

 照明が落ちて、福笑の新作「備後屋敷」は、2 人の泥棒が無人の荒れ寺で備後屋敷にまつわるお染の話をするも、ダジャレの連発に。
 最後にお染の幽霊(染雀)が登場。脅かし用の冷やしたコンニャクに醤油とだしの素を付けて、脅かした人にお詫びのプレゼント。

|

« 恐竜 2009 砂漠の奇跡 | トップページ | 笑福亭たま・旭堂南湖 二人会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24187/45820157

この記事へのトラックバック一覧です: お笑い怪談噺の夕べ:

« 恐竜 2009 砂漠の奇跡 | トップページ | 笑福亭たま・旭堂南湖 二人会 »