« 深脳落語会 NIGHT HEAD SPECIAL | トップページ | 京橋花月 よる芝居 『女忍のブルース』 »

天満天神繁昌亭 三周年特別興行

2009/9/15 @天満天神繁昌亭

【昼の部】

  • 桂三弥 「HOW TO プレイボーイ」(作:桂三枝)
  • 桂吉弥 「時うどん」
  • 笑福亭三喬 「墓供養」
  • 桂春團治 「皿屋敷」
  • 《爆笑歌舞伎「忠臣蔵 お軽勘平道行」》
    ―― 中入り ――
  • 林家染雀 《うしろ面》
  • 桂あやめ 「コンパ大作戦」(作:桂あやめ)
  • 桂三枝 「妻の旅行」(作:桂三枝)


 朝、昼、夜とも前売り完売。補助席、立ち見も出て大入り満員。

 三弥「HOW TO プレイボーイ」、吉弥「時うどん」は手堅く短めに。

 三喬は珍品の部類に入る「墓供養」。どもりの男がたのしい。

 春團治の「皿屋敷」は持ち時間のためか、めずらしく導入部を端折って。さすがに声量はないものの、表情はいきいきと。とくに終盤、お菊の幽霊が愛想をしたり怒ったりがなんともかわいい。

 春之輔の口上のあと、趣向の鹿芝居は『仮名手本忠臣蔵』から「道行旅路の花聟みちゆきたびじのはなむこ」のくだりを。出演は、三枝(早野勘平)、染丸(お軽)、八方(鷺坂判内)、染二、文三、生喬、染左、生寿、染吉。吉坊がツケ打ち。
 三枝は男前ながらぎこちなく、染丸は女形に成りきり、八方はノリノリ。1 階席の下手側通路を花道に見立てて。

 染雀はへらへら踊りとうしろ面。芸達者。

 あやめは手堅い「コンパ大作戦」で華を添える。

 三枝はさすがに客をつかむのが上手い。マクラからいつの間にかネタに入っている。「妻の旅行」は定年退職した夫が旅行に行くと云う妻のことをボヤく噺。時間の都合で途中で切ったよう。


天満天神繁昌亭

|

« 深脳落語会 NIGHT HEAD SPECIAL | トップページ | 京橋花月 よる芝居 『女忍のブルース』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24187/46223022

この記事へのトラックバック一覧です: 天満天神繁昌亭 三周年特別興行:

« 深脳落語会 NIGHT HEAD SPECIAL | トップページ | 京橋花月 よる芝居 『女忍のブルース』 »