« 福島月亭会 | トップページ | 大正泉尾寄席 »

天神寄席

2009/10/25 @天満天神繁昌亭

【噺家ムービー『あなたのためならどこまでも』上映&落語会】

  • 噺家ムービー『あなたのためならどこまでも』予告編
  • 笑福亭瓶成 「いらち俥」
  • 月亭遊方 「オーサカ・シネマロケンロール」(作:月亭遊方)
  • 笑福亭福笑 「もう一つの日本」(作:笑福亭福笑)
    ―― 中入り ――
  • 噺家ムービー『あなたのためならどこまでも』上映
  • 《トークショー》

※ 第 35 回


 入りは 1 階席がほぼ埋まって若干 2 階席に流れる程度だったが、噺家が 2 階席に多数詰めかけてたよう。
 開演前に映画『あなたのためならどこまでも』の予告編。

 瓶成は自虐的マクラから得意の「いらち俥」を。10 分枠用に構成されてで、かなり繰られてる感じ。かなりコンパクトだが、独自の味がしっかり出てる。

 遊方はマクラで映画撮影時のエピソードを。撮影の合間に色紙を持って駆け寄ってきた少年から掛けられた言葉が「すいません、誰ですか?」。
 「オーサカ・シネマロケンロール」は、大阪のたこ焼き屋に東京から映画の撮影隊がくる噺。野次馬が《冷凍のサバ》にこだわるクスグリが新味。

 福笑はインフルエンザの話題からマクラをつないで「もう一つの日本」を。とある日本企業にアメリカ企業から提携の話が持ちかけられる噺。福笑らしい言葉の遊び満載。

 中入りを挟んで、映画『あなたの~』上映。約 1 時間。あらためて観ても、撮影から 2 週間ほどで完成した映画とはとても思えない仕上がり。

 最後にトークショー。参加者は、月亭遊方(凸風亭楽喜)、月亭八光(凸風亭楽好)、笑福亭瓶成(凸風亭楽居)の凸風亭一門に、桂あやめ(ラブホ受付/原作・脚本・監督・デザイン・大道具・小道具・持道具・衣装・着付け・結髪)と春野恵子(楽好の母)。映画撮影にまつわるあれこれを 30 分ほど。
 あやめによると、凸風亭一門は月亭一門をモチーフにし、師匠の楽駄は月亭可朝がモデルだとか。テレビを中心に活動する八光は、今回の撮影で初めて会った噺家がほとんどだったそう。途中から、めぐまりこ(メグマリコ改め)とコッコも参戦し、めぐまりこの改名秘話も。
 複数の事務所が絡んでるため商品化は難しいようで、上映機会を模索しているよう。続編への意欲も見せ、あやめが「募金箱、置いときましょか!」。
 劇中で楽喜(遊方)が歌っていた“W ブッキング ブルース”が CD 化されるとのこと。もともとヒロポンズ・ハイ用の曲のようで、遊方自身は恐縮していたようだが、スポンサーが現れたのだとか。こちらも期待!


天満天神繁昌亭

|

« 福島月亭会 | トップページ | 大正泉尾寄席 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24187/46583676

この記事へのトラックバック一覧です: 天神寄席:

« 福島月亭会 | トップページ | 大正泉尾寄席 »