« 南湖だんご 旭堂南湖話術研究会 | トップページ | 南湖だんご 旭堂南湖話術研究会 »

南湖だんご 旭堂南湖話術研究会

2009/10/30 @上方亭 (ワッハ上方 小演芸場)

【入門 10 周年記念 3 日間続き読み興行】

  • 旭堂南湖 『寛政力士伝』より「谷風と佐野山」
  • 旭堂南湖 『上方名医伝』より「薮井玄意 大坂の巻」
    ―― 中入り ――
  • 旭堂南湖 『赤穂義士伝』より「赤穂城明渡し・大高源吾」

※ 第 47 回 中日


 2 日目は約 20 人の入り。開演前に南舟が「三方ヶ原の戦い」を。

 2 日目はゆるりとした語り出しで開演。1 席目は入門 3 年目の年末に続き読みの会『南湖不落城』を催した話をマクラに『寛政力士伝』を。谷風七善行のひとつ、佐野山との情け相撲のくだり。心あたたまる話。

 2 席目はリンゴとアボカドのアレルギーが出るようになった話から『上方名医伝』を。京都の創生に愛想を尽かした藪井玄意は大坂へ。生活費を稼ぐために按摩となった玄意は、疫癘を治すことで評判となる。

 中入りを挟んで 3 席目の『赤穂義士伝』は大高源吾の話を。仇討ちのため、赤穂浪士が続々と江戸へ集まる。大高源吾が江戸入りするくだりを中心に。


正直南湖

|

« 南湖だんご 旭堂南湖話術研究会 | トップページ | 南湖だんご 旭堂南湖話術研究会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24187/46627495

この記事へのトラックバック一覧です: 南湖だんご 旭堂南湖話術研究会:

« 南湖だんご 旭堂南湖話術研究会 | トップページ | 南湖だんご 旭堂南湖話術研究会 »