« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

できちゃったらくご!

2009/11/29 @動楽亭

  • 《オープニング》
  • 旭堂南湖 「腎結石」
  • 桂三金 「奥野君の骨折」
  • 月亭遊方 「戦う会社員(仮)」
  • 桂あやめ 「クリスマスな夜(仮)」
    ―― 中入り ――
  • 笑福亭たま 「ジャマイカ」
  • 桂三風 「どうでもええけど‥‥(仮)」
  • 《エンディング》

※ 第 49 回
※ すべて自作ネタ


 ザッと 50 人ほどの入り。

 南湖の「腎結石」は、自身が腎結石治療で入院した話から、体外衝撃波結石粉砕術の発明譚へ。医師とイヌの心あたたまる話だが、ほとんど創作かも。

 三金は実話ネタの「奥野君の骨折」。ローソンでからあげクンを買って店を出たところで、ちょっとした段差で転んで足を骨折した噺。芸人の生々しいエピソードも。

 オープニングのジャンケンからテンションの低かった遊方は、女を武器に出世する同僚をねたむ女子社員の噺。胸を強調する OL を演じるのが恥ずかしいのか、OL バージョンはこの日で封印とのこと。(「あほーりーらぶ」の初演時も「もう二度と演りません」と云ってたが)

 あやめは、クリスマスに久しぶりに夫婦水入らずで過ごすために子どもたちを寝かしつける噺。寝物語にキリスト生誕物語を読み聞かせるも‥‥ってな展開で、現代版「桃太郎」な感じ。

 たまはマクラで、笑福亭福笑、桂しん吉、たまでカラオケに行ったときの苦労話。福笑の意を汲むのはかなり困難なよう。
 「ジャマイカ」は、ジャマイカ旅行に行った夫婦が手に入れてしまったマリファナの処分に困る噺。ムリクリなサゲがいかにも『できちゃった!』らしい。

 トリの三風はオープニングで「筋がまだできてへん」と吐露。先輩が行き付けだった店にその先輩と行くと、先輩と店主が話し込んで後輩が話に入れずヤキモキする話。もうちょっとふくらませれば形になりそう。


 次回は来年 3 月 8 日(月)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

月亭会

2009/11/27 @アークカルチャースタジオ

  • 月亭八斗 「子ほめ」
  • 月亭八方 《ごあいさつ》
  • 月亭八天 「時うどん」
  • 月亭遊方 「はてなの茶碗」
  • 月亭八方 「風の神送り」

※ 第 13 回


 いつもより少しゆったりめの座席配置に 60 人ほど。

 開演前の開口 0 番(前座)に八斗が「子ほめ」を。年齢のほめ方を習ってからすぐに赤ん坊のところへ行く短縮版。詰まることなくきっちりと。
 持ち時間は 10 分だったようだが、出てきたのが開演 5 分前くらいだったため、途中で下座から鐘の音が。八方が前説で「あとで罰金 1 万円を」。

 八天の「時うどん」は 1 人ヴァージョンで、桂吉朝からか。きっちり吉朝の型で、所々に独自のクスグリを。
 うどんを食べる場面でうしろの席のおばちゃんらが「上手やなぁ」連発。

 名ビラが遊方のに変わると、うしろの席のおばちゃんらが「声、大きい人やな」「うるさい人やな」。
 今月の『カジュアル古典』に行けなかったため、遊方の「はてなの茶碗」は久々。油屋のキャラもさることながら、関白鷹司公以降の登場人物のキャラが崩壊気味で独特の世界に。このままでも十分おもしろいが、地の文(ナレーション)を語るときの恥ずかしそうな感じが抜ければさらに良くなりそう。

 八方は、前説では事業仕分けについて、トリの高座では鳩山首相の献金問題についてと、社会ネタをツカミに。それぞれ庶民レベルの話に置き換えて笑いに。
 「風の神送り」はこの日がネタ下ろしで、途中で台詞があっちゃこっちゃになったりもしたが、桂米朝の型をベースに独自のクスグリをあちこちに。今後がたのしみ。


アークカルチャースタジオ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たまのフレンドリー寄席スペシャル

2009/11/23 @ワッハホール

  • 笑福亭笑子 「阿弥陀池」
  • 笑福亭たま 「寝床」
    ―― 長崎さわぎ ――
  • 笑福亭たま 「憧れの人間国宝」(作:笑福亭たま)
    ―― 中入り ――
  • 《抽選会》
  • 桂こごろう 「おごろもち盗人」
  • 笑福亭たま 「くっしゃみ講釈」


 入りはキャパの半分ほどで 150 人くらいか。チケットの販売方法が影響したかも。
 今回は、噺家として、人を惹き付ける「何か」=「サムシング」がテーマのよう。パンフレットの表紙に「今日からサムシングを求めて旅に出ます たま拝」。

 笑子の「阿弥陀池」は、笑子にしてはスタンダードな構成。

 ゲストのこごろうは、たまの 2 席のあとで演りにくそう。「おごろもち盗人」は両手が縛られてしまう型で、こごろうがオリジナルのよう。

 たまの 1 席目の「寝床」は、店の者の断りを端折るも新たなクスグリを入れることも忘れず、以前よりすっきりした構成でテンポ良く。
 2 席目の「憧れの人間国宝」は、文楽の人形遣いが人間国宝に認定されるも亡くなってしまい、人形振りで認定式に‥‥と云う噺。いろんなネタをミックスして再構成した印象。
 3 席目の「くっしゃみ講釈」は繰られまくったたま版として完成してる感じ。たっぷり。


らくごの玉手箱

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花丸・染雀 二人会

2009/11/21 @天満天神繁昌亭

  • 笑福亭喬介 「道具屋」
  • 林家花丸 「たいこ腹」
  • 林家染雀 「辻占茶屋」
    ―― 中入り ――
  • 林家染雀 「兵庫船」
  • 林家花丸 「千両みかん」

※ 第 3 回


 補助席も出る大入り。

 喬介の「道具屋」はちょっとした工夫が好印象。

 染雀はハメモノ入りのネタを 2 席。「辻占茶屋」は下座との掛け合いがピタリ。中入り後に、肝心なところで間違えてしまったことを告白しつつ悔やむ。
 「兵庫船」は師匠から最初に付けてもらったネタだそう。きっちり丁寧に。

 花丸の 1 席目「たいこ腹」は、花丸版と云っても良いほどクスグリ満載。とくに、死にそうになった幇間が若旦那の犠牲になったネコとあの世で(?)出会うくだりが秀逸。かまぼこ板もポイント。
 「千両みかん」は、前半は花丸らしいクスグリを散りばめて飽きさせず、後半は番頭の混乱を上手く盛り上げる。以前聴いたときより良くなった印象。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

快楽亭ブラック毒演会

2009/11/21 @TORII HALL

【最新 CD『下根多 3』発売記念の巻】

  • 快楽亭ブラック 「なめる」
  • 快楽亭ブラック 「三軒長屋」
    ―― 中入り ――
  • 元気いいぞう 《歌謡ショー》
  • 快楽亭ブラック 「カラオケ寄席」(作:快楽亭ブラック)
  • 快楽亭ブラック 「野ざらし」


 観客は 20 人ほどとやや少なめ。チラシに「CD & 元気いいぞう付」。

 ブラックの 1 席目は、マクラで亡くなった立川文都のエピソードいろいろ。「なめる」はよりエロく。
 2 席目の「三軒長屋」は比較的オーソドックスか。

 おまけの元気いいぞうは初めて。放送できないようなネタをウクレレ伴奏に乗せて元気よく。くだらなさをたのしめるかがポイント。

 ブラックの 3 席目は、マクラで亡くなった三遊亭圓楽のエピソードいろいろ。追悼の意を込めて「カラオケ寄席」を。
 4 席目の「野ざらし」も比較的オーソドックスに。


快楽亭ブラックの出直しブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

月亭遊方のゴキゲン落語会

2009/11/17 @上方亭 (ワッハ上方 小演芸場)

  • 月亭遊方 《幕開前戯噺》
  • 月亭遊方 「多国籍酒場へよぉーこそ」(作:月亭遊方)
    ―― 中入り ――
  • 月亭遊方 「絶叫ドライブ ~彼女を乗せて~」(作:月亭遊方)

※ 第 31 回


 ザッと 60 人の大入り。

 まずはトークコーナー。文化勲章を授与された桂米朝の祝賀会があった日、遊方は笑福亭福笑の還暦落語会の出番で祝賀会へは行けず、どっちでも話題になってた話。さらに、自身のボケ症状が気になって某病院へ行ったときの話。天候不良で飛行機の出発が遅れたときの大阪人の実態の話。
 スーパー芸人になるためメディアも利用すると高らかに宣言。その場で「一生とは云いません。最低 3 年は付き合ってください!」と懇願。
 なんやかんやで笑いもたっぷり 30 分。

 1 席目の「多国籍酒場へよぉーこそ」は、日本語学校の向かいにある酒場に外国人が集まってくる噺。イタリア人男性が女性に消極的だったり、イギリス人男性が紳士的でなかったり。設定はおもしろいが、登場人物が多くて未整理感が前へ出すぎな印象。

 2 席目の「絶叫ドライブ ~彼女を乗せて~」は、運転免許取り立ての男が彼女を乗せて初ドライブに出掛ける噺。この日は特別に《ゴキゲンバージョン》と銘打って、どこらがゴキゲンかと云えば、遊方曰く「ゴキゲンに演ります!」。ドライブの途中にガソリンスタンドとファストフード店のドライブスルーに寄る場面が追加され、そこがまたツボ。


 次回は来年 2 月 16 日(火)。

遊方 FOR YOU!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

喬太郎のラクゴ新世界

2009/11/15 @電気文化会館 イベントホール

  • 柳家喬太郎 「たいこ腹」
  • 柳家喬太郎 「喜劇 駅前結社」(作:柳家喬太郎)
    ―― 中入り ――
  • 柳家喬太郎 「井戸の茶碗」

※ scene 12


 名古屋での喬太郎の定例会。以前は『お食事処 楽』で開催されていたが、前回から本会場へ。200 席くらいがほぼ満席。関西からの遠征組もちらほら。

 1 席目は幇間の話から、二ツ目時代によく御座敷や余興に行った話など。打ち上げの席では喬太郎自身が幇間状態になってたそう。最近行った御座敷の話題で爆笑。マクラだけで 30 分。
 「たいこ腹」は、幇間の一八が腹をさらす場面での腹のうねりが秀逸。このためだけのネタかも。

 2 席目は二世落語家の話から自身の息子の話へと話題をつないで「喜劇 駅前結社」へ。親子喧嘩が絶えない蕎麦屋の亭主が実はブラジル移民で‥‥と、突飛な展開を力量だけでムリヤリ引っ張る。もともと三題噺だったようだが、プノンペン小町などの言葉のチョイスが冴える。

 中入りを挟んでの 3 席目は、軽くマクラを振ってから「井戸の茶碗」を。先月聴いた『繁昌亭昼席』の高座と比べると、この日はマクラで喬太郎自身がリラックスして全体に良い感じに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゆるりふたり こごろう・花丸の旅館落語会

2009/11/12 @あい粂旅館

  • こごろう・花丸 《対談:ふたりにおたより》
    ―― 中入り ――
  • 桂吉の丞 「米揚げ笊」
  • 桂こごろう 「代脈」
  • 林家花丸 「鷺とり」

※ 4 ゆるり目


 予約完売で 70 人ほど入ったが、空席もちらほら。でもこれくらいの方が良いのかも。おにぎりせんべい付き。

 オープニングの対談は、こごろうが 『ちちんぷいぷい』 のナレーションの仕事が突然終わった話に始まり、おたよりから「落語家を目指したきっかけ」「弟との思い出」「いまさら訊けない意味を知らない言葉」「最近泣いたこと」などのテーマを軸に、ゆるゆると脱線しつつたっぷり。予定は 25 分だったようだが、前回同様、話が弾んで 50 分ほどに。

 対談が長引いたんで中入りを挟み、落語の部は吉の丞の「米揚げ笊」から。元気でテンポも良く聴き心地は良いが、全体に荒いと云うか、流れてしまっている印象も。

 こごろうは桂春團治に入門していた同期のしくじりエピソードをマクラに「代脈」を。若先生のキャラクターを際立たせる演出で、こごろうらしいたのしさ。

 花丸はマクラで「来世は宝塚歌劇の男役」と云う願望を熱く語ってから、唐突に「鷺とり」へ。独自の細かいクスグリをあちこちに入れ、終盤には仁輪加も。サゲもオリジナル。


さかいひろこ works

| | コメント (0) | トラックバック (0)

笑福亭福笑“祝”還暦落語会

2009/11/9 @天満天神繁昌亭

  • 笑福亭たま 「いらち俥」
  • 笑福亭鶴二 《福笑》
  • 笑福亭鶴笑 《紙切り》
  • 姉様キングス 《音曲漫才》
  • 笑福亭松枝 「替り目」
    ―― 中入り ――
  • 《大喜利》
  • 笑福亭伯枝 《福笑》
  • 笑福亭岐代松 《福笑》
  • 笑福亭福笑 「マラソンマン」(作:笑福亭福笑)


 補助席までぎっしりの超満員。

 基本的にみな 10 分程度の持ち時間で福笑のエピソードをいろいろ。たまは持ち時間の最後 3 分程度で「いらち俥」の導入部を。松枝はやや長めの持ち時間ながら、おまけ程度に「替り目」の導入部を。岐代松は出番順に「演りにくい」とボヤきまくり。

 鶴笑はツンツルテンのバカボン着物に山高帽で紙切り。 ヨガの鋤のポーズ で後ろ手の紙切りは新味。

 姉様キングスの裾引き姿は久しぶり。都々逸、のんき節、阿呆陀羅経。「米朝師匠の松竹梅」を都々逸で演ったあと、雀リーヌが「あとで太閤園で演ろかしら」。

 大喜利は下手側より司会の林家小染、旭堂南湖、月亭遊方、桂三金、桂三風、たま。福笑に掛けた謎掛けで自己紹介ののち、観客からお題をもらって「風が吹けば桶屋が儲かる」的に最後に「福笑さん」へつなげる遊び。みな観客よりも楽屋の反応を気にしまくり。

 福笑はマクラで「長生きした方が勝ち。長生きも芸のうち。死人に口なし」とたっぷり毒を吐く。「マラソンマン」はかなり前に作ったそうで、観るのは初めて。「明石飛脚」と同趣向で、小咄数珠つなぎの構成。マラソンなのに「や、どっこいさぁのさ」で走り出すのがおもしろい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

錦秋文楽公演

2009/11/8 @国立文楽劇場

【国立文楽劇場開場二十五周年記念】

【第 1 部】

  • 心中天網島しんじゅうてんのあみじま
    • 北新地河庄の段
    • 天満紙屋内の段
    • 大和屋の段
    • 道行名残りの橋づくし

【第 2 部】

  • 芦屋道満大内鑑あしやどうまんおおうちかがみ
    • 大内の段
    • 加茂館の段
    • 保名物狂の段
    • 葛の葉子別れの段
    • 蘭菊の乱れ

※ 第 116 回


 第 1 部は団体も入ってほぼ満席、第 2 部は 6 割ほどの入り。第 2 部は当日でも前方の席を確保できそう。

 『心中天網島』は、道行だけを取り上げると儚さに文楽ならではの趣きが感じられるも、それにいたる過程、妻子がありながら遊女の小春に入れ上げる紙屋の治兵衛、それを許す妻のおさんに共感できず。

 『芦屋道満大内鑑』の「葛の葉子別れの段」は、落語「天神山」の後半の下敷きになった部分で、落語ファンなら幕見ででも観ておきたいところ。
 落語では狐が障子に書き残した句が「恋しくば たずねきてみよ 南なる 天神山の 森の中まで」とされているが、文楽では「恋しくば たづねきてみよ 和泉なる 信田の森の うらみ葛の葉」となっている。


 公演は 11 月 23 日(月)まで。11 月 13 日(金)より第 1 部と第 2 部の演目を入れ替え。

国立文楽劇場

| | コメント (0) | トラックバック (0)

繁昌亭昼席

2009/11/6 @天満天神繁昌亭

【桂春蝶襲名披露興行】

  • 森乃石松 「動物園」
  • 桂吉弥 「時うどん」
  • 桂春雨 「稽古屋」
  • 笑福亭笑子 《腹話術》
  • 桂春若 「禍は下」
  • 桂春團治 「いかけ屋」
    ―― 中入り ――
  • 《桂春蝶襲名披露口上》
  • 柳家花緑 「長短」
  • 桂春之輔 「まめだ」
  • 桂春蝶 「山内一豊と千代」

※ 第 163 週


 石松の「動物園」は母親が気持ち悪い。が、そこがなんともおもしろい。

 春蝶と同期の吉弥は、金魚と氷の売り声から「時うどん」(ひとりヴァージョン)。濃いめの味付けながら、さすがに安定感抜群。

 春雨は下座の女房を紹介してから「稽古屋」へと、おなじみの展開。

 笑子の腹話術はマイケル・ハックション君と。技術的にはかなりスゴいと思うが、客のつかみ方とネタの構成次第でもっと笑いが大きくなりそう。

 春若はネタ選びに関するダメ出しから、演り手の少ない「禍は下」を。

 春團治の「いかけ屋」は久しぶり。「とらとやな、おったぁん」がかわいい。

 口上は、下手側より司会の春若、春團治、春蝶、花緑、春之輔。春團治は実父の名を継いだ自身の経験から「これからはイバラの道を歩むことになる」。花緑は春蝶と初対面で、それでもエールを。春之輔は先代のエピソードを。
 春若のムチャ振りで、花緑の音頭で大阪締め。

 花緑の「長短」は性格の差がクッキリ。短気な男が小気味良い。

 春之輔は《化ける》タヌキの出る「まめだ」。

 トリの春蝶は「山内一豊と千代」。以前に観たときも思ったが、やはり旭堂南海に稽古を付けてもらったそう。

 全体に賑々しい雰囲気。ただ、主役の春蝶そっちのけで春團治や花緑に「待ってました!」「たっぷり!」と声を掛けるのはどうか。気持ちはわからんでもないが‥‥。


天満天神繁昌亭

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今池末広亭講談会 南湖十番勝負

2009/11/3 @今池末広亭 (今池 玉寿司)

【旭堂左南陵・南湖 兄弟会】

  • 古池鱗林 「名古屋八丁味噌物語」(作:古池鱗林)
  • 旭堂南湖 「さやま遊園」(作:旭堂南湖)
  • 旭堂左南陵 「勧進帳」
    ―― 中入り ――
  • 旭堂左南陵 「伊達政宗の堪忍袋」
  • 旭堂南湖 『赤穂義士銘々伝』より「大高源吾」

※ 第二番


 近鉄特急で名古屋へ。寿司屋の 3 階の広めの座敷に約 20 人の入り。

 大須演芸場で観たことのある鱗林(古池真由美)は明るくしゃきしゃきとしたおしゃべりに好感。ただ、一所懸命すぎて疲れる印象。名古屋と味噌の関係を綴った「名古屋八丁味噌物語」はおもしろいだけに、もう少し肩の力を抜いて高座をつとめてほしい。

 ゲストの兄弟子・左南陵は初めて。「勧進帳」「伊達政宗の堪忍袋」ともコテコテの古典と云う感じで、グイグイ引っ張ってスッとゆるめる客さばきはお見事。

 南湖の 1 席目は、皆既日食や腎臓結石の話でなごませてから「さやま遊園」へ。マクラ的なパートから本編へ入るところで、いつもどおりの持ち時間終了。
 2 席目はスッと「大高源吾」へ。先日の 『南湖だんご』 での口演よりも格段にリラックスした雰囲気。さていよいよ討入り‥‥と云うところでお時間。

 小学校高学年くらいの女の子がひとりいたが、古典講談はキツかったようで、3 席目以降は完全に退屈していたよう。やはり講談は大人の娯楽か?


正直南湖
今池落語倶楽部
今池 玉寿司

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »