« 今池末広亭講談会 南湖十番勝負 | トップページ | 錦秋文楽公演 »

繁昌亭昼席

2009/11/6 @天満天神繁昌亭

【桂春蝶襲名披露興行】

  • 森乃石松 「動物園」
  • 桂吉弥 「時うどん」
  • 桂春雨 「稽古屋」
  • 笑福亭笑子 《腹話術》
  • 桂春若 「禍は下」
  • 桂春團治 「いかけ屋」
    ―― 中入り ――
  • 《桂春蝶襲名披露口上》
  • 柳家花緑 「長短」
  • 桂春之輔 「まめだ」
  • 桂春蝶 「山内一豊と千代」

※ 第 163 週


 石松の「動物園」は母親が気持ち悪い。が、そこがなんともおもしろい。

 春蝶と同期の吉弥は、金魚と氷の売り声から「時うどん」(ひとりヴァージョン)。濃いめの味付けながら、さすがに安定感抜群。

 春雨は下座の女房を紹介してから「稽古屋」へと、おなじみの展開。

 笑子の腹話術はマイケル・ハックション君と。技術的にはかなりスゴいと思うが、客のつかみ方とネタの構成次第でもっと笑いが大きくなりそう。

 春若はネタ選びに関するダメ出しから、演り手の少ない「禍は下」を。

 春團治の「いかけ屋」は久しぶり。「とらとやな、おったぁん」がかわいい。

 口上は、下手側より司会の春若、春團治、春蝶、花緑、春之輔。春團治は実父の名を継いだ自身の経験から「これからはイバラの道を歩むことになる」。花緑は春蝶と初対面で、それでもエールを。春之輔は先代のエピソードを。
 春若のムチャ振りで、花緑の音頭で大阪締め。

 花緑の「長短」は性格の差がクッキリ。短気な男が小気味良い。

 春之輔は《化ける》タヌキの出る「まめだ」。

 トリの春蝶は「山内一豊と千代」。以前に観たときも思ったが、やはり旭堂南海に稽古を付けてもらったそう。

 全体に賑々しい雰囲気。ただ、主役の春蝶そっちのけで春團治や花緑に「待ってました!」「たっぷり!」と声を掛けるのはどうか。気持ちはわからんでもないが‥‥。


天満天神繁昌亭

|

« 今池末広亭講談会 南湖十番勝負 | トップページ | 錦秋文楽公演 »

コメント

山葵さんもおいでだったのですね。
素晴らしいメンバーなのに、拙いお茶子でお目汚し致しました。

花緑師匠は楽屋に入って来られる前
姿は見えないのに
暖簾の向こう側の声だけで
オ―ラが放たれてましたよ。
一気にファンになりました。

投稿: 桃葉 | 2009.11.09 11:06

■ 桃葉 さん
毎度お茶子さん、お疲れさまです。:o)
楽屋の様子をうかがえるのもお茶子さんの特権ですね。

投稿: わさび | 2009.11.10 23:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24187/46700432

この記事へのトラックバック一覧です: 繁昌亭昼席:

« 今池末広亭講談会 南湖十番勝負 | トップページ | 錦秋文楽公演 »