« 花丸・染雀 二人会 | トップページ | 月亭会 »

たまのフレンドリー寄席スペシャル

2009/11/23 @ワッハホール

  • 笑福亭笑子 「阿弥陀池」
  • 笑福亭たま 「寝床」
    ―― 長崎さわぎ ――
  • 笑福亭たま 「憧れの人間国宝」(作:笑福亭たま)
    ―― 中入り ――
  • 《抽選会》
  • 桂こごろう 「おごろもち盗人」
  • 笑福亭たま 「くっしゃみ講釈」


 入りはキャパの半分ほどで 150 人くらいか。チケットの販売方法が影響したかも。
 今回は、噺家として、人を惹き付ける「何か」=「サムシング」がテーマのよう。パンフレットの表紙に「今日からサムシングを求めて旅に出ます たま拝」。

 笑子の「阿弥陀池」は、笑子にしてはスタンダードな構成。

 ゲストのこごろうは、たまの 2 席のあとで演りにくそう。「おごろもち盗人」は両手が縛られてしまう型で、こごろうがオリジナルのよう。

 たまの 1 席目の「寝床」は、店の者の断りを端折るも新たなクスグリを入れることも忘れず、以前よりすっきりした構成でテンポ良く。
 2 席目の「憧れの人間国宝」は、文楽の人形遣いが人間国宝に認定されるも亡くなってしまい、人形振りで認定式に‥‥と云う噺。いろんなネタをミックスして再構成した印象。
 3 席目の「くっしゃみ講釈」は繰られまくったたま版として完成してる感じ。たっぷり。


らくごの玉手箱

|

« 花丸・染雀 二人会 | トップページ | 月亭会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24187/46841748

この記事へのトラックバック一覧です: たまのフレンドリー寄席スペシャル:

« 花丸・染雀 二人会 | トップページ | 月亭会 »