« さん三の会 | トップページ | 育っちゃったらくご! »

ピッコロ寄席 桂吉朝一門会

2009/12/6 @ピッコロシアター 大ホール

  • 桂佐ん吉 「田楽喰い」
  • 桂しん吉 「雨乞い源兵衛」(作:小佐田定雄)
  • 桂吉弥 「親子茶屋」
    ―― 中入り ――
  • 桂あさ吉 「鹿政談」
  • 桂よね吉 「子別れ」


 前売り券は完売、補助席や立ち見も出る盛況。着物姿の御婦人もちらほら。

 佐ん吉は「田楽喰い」を軽快に。独自の味が出ててたのしい。時間の都合か、酒瓶を割って‥‥のくだりがなかったが、その方がテンポも良くてすっきり。

 しん吉の「雨乞い源兵衛」は、ほのぼのした田舎の風景でクスクス笑いを誘う感じの噺で、前半に笑い所がなくダレた印象。ネタ選びで損してる。

 吉弥は Y 團治のエピソードをマクラに「親子茶屋」をきっちりと。親旦那が新町へ出掛ける場面でもう少しゆったりした間を取れば、さらに風景が広がりそう。

 あさ吉は出てきただけであちこちから笑いが自然発生。手相の話や某噺家の「始末の極意」の失敗談など、相変わらずマクラがたのしい。
 「鹿政談」は、三都の名物がいっぱいいっぱいだったり、とくに前半がゆるい印象だったが、後半で奉行が一喝する場面からグッと締まって良い感じに。

 客電が落ちて聴かせるモードに。よね吉はマクラで、楽屋を気にしつつあさ吉のおもしろエピソードをたっぷり。何度聴いてもおもしろい。
 「子別れ」は、極道の職人が女房子どもを叩き出す場面から。時折笑いを誘いつつ、途中クサすぎる場面を挟みつつ、それでも最後の復縁の場面はええ感じにまとまる。


 次回は来年 12 月 5 日(日)の予定。

|

« さん三の会 | トップページ | 育っちゃったらくご! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24187/46953085

この記事へのトラックバック一覧です: ピッコロ寄席 桂吉朝一門会:

« さん三の会 | トップページ | 育っちゃったらくご! »