« 上方落語一心寺亭 | トップページ | 出没!ラクゴリラ 正月公演 »

たまの新春落語会

2010/1/3 @上方亭 (ワッハ上方 小演芸場)

  • 笑福亭笑子 「狸の賽」
  • 笑福亭松五 「月宮殿星都」
  • 笑福亭たま 「初天神」
    ―― 中入り ――
  • 《三題噺:トラ・門松・抹茶パフェ》
    • 笑福亭笑子
    • 笑福亭松五
    • 笑福亭呂竹
    • 笑福亭たま
  • 笑福亭たま 「愛宕山」


 宣伝不足のせいか、入りは 30 人弱とやや少なめ。

 笑子は自宅の近隣者に幼児虐待と勘違いされた顛末を落語に仕立ててきたが、たまからダメ出しされて急遽「狸の賽」に変更。稽古を付けた桂九雀に太鼓判を押されたそうで、独特の展開もニンに合った感じ。

 年末年始をのんびり過ごした松五は、おもしろくないと断ってから「月宮殿星都」を。独自の工夫もちらほら。

 たまは急遽取り決めた三題噺のお題を募集してから、三題噺にまつわるエピソードや先輩後輩の話など、まくらもたっぷり。
 「初天神」はあちこち細かく手を入れた感じ。息子はかなりマセでこまっしゃくれた感じ。父親との関係もおもしろい。

 三題噺は「トラ・門松・抹茶パフェ」で。笑子は喫茶店にトラが‥‥と云う展開。松五はかなりエグい下ネタ。
 急遽出演が決まった呂竹は、たまからのリクエストで新作マクラから。自宅に住みついたイタチとの攻防を。旅の仕事に行くと廊下が糞だらけになってたそうな。三題噺は「動物園」のパロディで。
 たまは外国人が花札職人にインタビューする話に。

 たまの 2 席目「愛宕山」もあちこちに手を入れた感じ。

 久しぶりにたまらしく無軌道な会に。


らくごの玉手箱

|

« 上方落語一心寺亭 | トップページ | 出没!ラクゴリラ 正月公演 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24187/47197391

この記事へのトラックバック一覧です: たまの新春落語会:

« 上方落語一心寺亭 | トップページ | 出没!ラクゴリラ 正月公演 »