« 出没!ラクゴリラ 正月公演 | トップページ | 南湖だんご 旭堂南湖話術研究会 »

三金・たま 誕生日二人会

2010/1/6 @天満天神繁昌亭

  • 桂三幸 「ベタインフルエンザ」(作:桂三幸)
  • 桂三金 「アメリカ人が家にやってきた」(作:桂三枝)
  • 笑福亭たま 「宿屋仇」
    ―― 中入り ――
  • TASUKU 《マジックパフォーマンス》
  • 笑福亭たま 「花ねじ」
  • 桂三金 「高津の富」


 入りは 1 階席が 8 割ほど。ほどよく埋まった感じ。

 トップの三幸は新型インフルエンザの噺。導入の新型インフルエンザの解説部分が『さん三の会』のときとは違っていたが、序盤でつかみきれず、人物名や上下を間違えたりで、観客もついて行けず。

 桂三枝門下でマルチコメディーパフォーマーの TASUKU は、マジック、ジャグリング、、パントマイム、バルーンショーなんかを浅く広く演っているそう。マジック、ディアブロ、パントマイムあたりを軽快に。

 たまのこの日の出囃子はモンゴル 800 の“小さな恋のうた”。
 1 席目のマクラで、最近、声が出にくい話。内科的検査ではまったく問題なく、心療内科でカウンセリングを 2 回受けた結果は「鬱ではありません。芸に行き詰まってるだけです」。「宿屋仇」は顔芸やマイム的な演出など、濃厚なたま演出。
 2 席目の「花ねじ」はのどの調子が悪くなったか、声がかすれて聴き取りづらい。

 三金の 1 席目は、今年初めての落語。師匠の桂三枝との海外公演でのエピソードをマクラに「アメリカ人が家にやってきた」をテンポ良く。
 2 席目はマクラで、落語会のチラシについて。この会のチラシの写真で、自分は笑顔なのにたまが苦虫を噛み潰したような表情だったり、『繁昌亭大賞記念落語会』にたまの代演で出る三金の名前が極端に小さかったり、自分の扱いが気になるそう。「高津の富」はきっちり丁寧に。導入部で「二階の八番へご案内」「その部屋、大丈夫か?」と「宿屋仇」を引いたクスグリ。

|

« 出没!ラクゴリラ 正月公演 | トップページ | 南湖だんご 旭堂南湖話術研究会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24187/47224554

この記事へのトラックバック一覧です: 三金・たま 誕生日二人会:

« 出没!ラクゴリラ 正月公演 | トップページ | 南湖だんご 旭堂南湖話術研究会 »