« 笑福亭たま一人会 | トップページ | ゆるりふたり こごろう・花丸の旅館落語会 »

月亭遊方のカジュアル古典

2010/3/17 @八聖亭

  • 月亭遊方 《随想・らくごの○○》
  • 月亭遊方 「走り餅」
  • 笑福亭たま 「子はかすがい」
    ―― 中入り ――
  • 遊方・たま 《トーク》
  • 月亭遊方 「親子酒」

※ 第4回


 今回から会場が八聖亭へ。場所を移してもザッと 50 人ほど入ってまずまず。

 オープニングはアマチュア落語について。遊方が「素人こそ型通り演らず無手勝流で演るべき」との持論を展開。そこからなぜか「自分の高座を批評されたくない」と懇願。そっちがメイン?

 遊方の 1 席目「走り餅」は 2 度目の高座とのことだが、やはりナレーション部分や侍のセリフに硬さ・恥ずかしさが感じられる。侍だけでも遊方らしく処理できれば格段に良くなりそう。

 ゲストのたまは「子はかすがい」をたっぷり。

 中入り後のトークでは、遊方が「走り餅」に対してネガティヴ発言を連発。遊方が「もう演らない」と云うと、たまは「もったいない」「稽古不足」。落語会での打ち上げの悲喜こもごもなんかも。

 遊方の 2 席目「親子酒」は弾けまくり。これぞ遊方落語の真骨頂。


遊方 FOR YOU!

|

« 笑福亭たま一人会 | トップページ | ゆるりふたり こごろう・花丸の旅館落語会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24187/47888469

この記事へのトラックバック一覧です: 月亭遊方のカジュアル古典:

« 笑福亭たま一人会 | トップページ | ゆるりふたり こごろう・花丸の旅館落語会 »