« 月亭遊方のカジュアル古典 | トップページ | 花花寄席 »

ゆるりふたり こごろう・花丸の旅館落語会

2010/3/18 @あい粂旅館

  • こごろう・花丸 《対談:ふたりにおたより》
  • 林家卯三郎 「時うどん」
  • 林家花丸 「寄合酒」
  • 桂こごろう 「口入屋」

※ 5 ゆるり目


 約 60 人で大入り満員。

 オープニングの対談は稽古が大変って話が印象的。この対談が会を特色付けているのに、予定時間が過ぎたら下座から鐘を鳴らすと云うのはいかにも無粋。

 卯三郎はマクラで、繁昌亭の新型インフルエンザ対策委員長に選出されたときの話。桂三枝会長の指示でおこなったことが、他の師匠連に誤解されて‥‥とボヤきまくり。

 花丸の「寄合酒」は、花丸テイストの味付けが随所に。

 こごろうの「口入屋」は、ちょこちょこ云い間違えつつも、こごろうらしいたのしい空気感でたっぷりと。


さかいひろこ works

|

« 月亭遊方のカジュアル古典 | トップページ | 花花寄席 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24187/47888491

この記事へのトラックバック一覧です: ゆるりふたり こごろう・花丸の旅館落語会:

« 月亭遊方のカジュアル古典 | トップページ | 花花寄席 »