« 立川志の輔独演会 | トップページ | 南湖だんご 旭堂南湖話術研究会 »

できちゃったらくご!

2010/3/8 @動楽亭

【オール新作ネタ下ろし続けて‥‥ 50 回記念の会】

  • 《オープニング》
  • 桂三金 「日米相撲場風景」
  • 桂あやめ 「大奥出世物語」
  • 笑福亭たま 「美女と野獣」
  • 笑福亭福笑 「素人板場」
    ―― 中入り ――
  • 旭堂南湖 「透視メガネ」
  • 月亭遊方 「ルーキーズ・スリル」
  • 桂三風 「ジェネレーション・エレジー」
  • 《エンディング》

※ 第 50 回
※ すべて自作ネタ


 福笑効果か、50 人以上は入ってた感じ。

 三題噺の改作の三金がトップ、ゲストの福笑が中トリで、それ以外の出番順を恒例のジャンケンで。大人げないやり取りもまたたのしい。

 三金は、東京での『三枝一門 vs 圓丈一門』で「朝青龍」「普天間基地」「JAL」の三題から作ったネタを。普天間基地移転問題を相撲対決で決着しようと云う時事ネタ。

 あやめは『上方笑女隊おひなまつり』の裏話から、大奥モノの第二弾。『~おひなまつり』での《豪華絢爛!?大奥絵巻》の後半の大喜利対決を落語化した感じ。まだまだ未完成。

 たまはミュージカル劇団の噺。ダジャレのクスグリが多いが、ストーリー自体が膨らめばもっとおもしろくなりそう。

 ゲストの福笑もネタ下ろし。お好み焼きの焼き方で口論していた二人が、客自身が料理できる料理屋へ行く噺。かなり勢い押し。

 南湖はお遍路にまつわる話から「エロ講談です」と、昔の雑誌に時折見られた透視メガネをめぐる話。甘酸っぱい青春ストーリーに。

 遊方はスリの師弟の噺。弟子のダメッぷりと先走り感がおもしろい。育ちそうな予感。

 三風はデパート店員のジェネレーション・ギャップの噺。ちょっと悲しい。

 最後に全員揃ってエンディング。『レスキュー遊方!』のチケットのプレゼントも。
 落語 7 本で 2 時間半。

|

« 立川志の輔独演会 | トップページ | 南湖だんご 旭堂南湖話術研究会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24187/47814786

この記事へのトラックバック一覧です: できちゃったらくご!:

« 立川志の輔独演会 | トップページ | 南湖だんご 旭堂南湖話術研究会 »