« ゆるりふたり こごろう・花丸の旅館落語会 | トップページ | たまのさよならフレンドリー寄席 »

花花寄席

2010/3/20 @ヨシモト∞ホール OSAKA

  • 月亭八斗 「動物園」
  • 笑福亭鶴笑 「くもんもん式学習塾」(作:桂三枝)
  • 桂三風 「桃太郎」
  • おしどり 《音曲漫才》
  • 月亭遊方 「親子酒」
    ―― 中入り ――
  • ラフ・コントロール 《漫才》
  • 桂文三 「嬶違い」

※ 第 104 回


 いつもどおり 40 人ほどの入り。

 開口 0 番の八斗の「動物園」は、ウーイェイよしたか(スマイル)、もう中学生、麻生太郎なんかの物まね入りで、これがまたアクセントになっておもしろい。

 鶴笑は中学校の英語の教科書にたっぷりツッコんでから、唯一ネタ出しの「くもんもん式学習塾」。桂三枝の作で、ヤクザが学習塾経営を始める噺。人形がなくても鶴笑ワールド。

 三風は学校公演で苦労した話から「桃太郎」へ。独自のアレンジがたのしい。

 毎度にぎやかなおしどりは、マコの公開ダメ出しのような展開がいつもよりキツめ。ケンがトチりすぎ?

 遊方は「親子酒」で弾けまくり。

 ラフ・コントロールは初めてだが、『金の斧 銀の斧』をモチーフにしたネタは秀逸。双方半ギレの応酬がかなりおもしろい。他のネタも観てみたい。

 文三はめずらしいところで「嬶違い」を。ラジオ対策?


ヨシモト∞ホール OSAKA 花花寄席

|

« ゆるりふたり こごろう・花丸の旅館落語会 | トップページ | たまのさよならフレンドリー寄席 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24187/47888543

この記事へのトラックバック一覧です: 花花寄席:

« ゆるりふたり こごろう・花丸の旅館落語会 | トップページ | たまのさよならフレンドリー寄席 »