« 花花寄席 | トップページ | 繁昌亭昼席 »

たまのさよならフレンドリー寄席

2010/3/21 @ワッハホール

【本当の最終回・・・ありがとう、ありがとう、ありがとう】

  • 笑福亭たま 《抽選会》
  • 笑福亭生寿 「うなぎ屋」
  • 笑福亭たま 「陰陽師」(作:笑福亭たま)
  • 笑福亭生喬 「へっつい幽霊」
  • 笑福亭たま 「高津の富」
    ―― 中入り ――
  • 笑福亭たま 「景清」


 ワッハホールに半分ほどの入り。販売調整で中央前方に観客をうまくまとめる。

 トップの生寿は「うなぎ屋」をきっちりと。

 ゲストの生喬は『上方落語まつり in ミナミ』にひとしきりボヤいてから「へっつい幽霊」へ。登場人物にメリハリがあってわかりやすい。

 たまの 1 席目の「陰陽師」は、サイコメトリー(残留思念の読み取り)で連続殺人事件を解決する噺。
 2 席目の「高津の富」は、たまアレンジがかなり好転しているネタ。さらに繰られててよりおもしろく。
 3 席目の「景清」は、たま版ではかなり手が入れられており、サゲへの展開がさらに変わっていた。


 次回(?)のワッハホールでの会は 6 月 27 日(日)に『笑福亭たまの脱構築落語会』として。ゲストは東京から柳家三三。

らくごの玉手箱

|

« 花花寄席 | トップページ | 繁昌亭昼席 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24187/47888771

この記事へのトラックバック一覧です: たまのさよならフレンドリー寄席:

« 花花寄席 | トップページ | 繁昌亭昼席 »