« 南湖だんご 旭堂南湖話術研究会 | トップページ | 東西笑いの喬演 »

三遊亭遊雀勉強会 弥生会

2010/3/12 @お江戸日本橋亭

  • 三遊亭遊雀 《ごあいさつ》
  • 神田きらり 『寛政力士伝』より「谷風の情け相撲」
  • 三遊亭遊雀 「崇徳院」
    ―― 中入り ――
  • 三遊亭遊雀 「唐茄子屋政談」


 東京出張のついでに落語会を画策。いくつかの選択肢で迷ったが、未見ながら 某落語ファン おすすめの遊雀の勉強会をチョイス。
 早くから開場を待つ人の列が。開演時には 100 人近くの大入りに。

 まずは遊雀が某有名ブランドの柄の着物で登場してごあいさつ。まったく初めてだったが、どうも池乃めだかに見えてしまう。時節柄、オリンピックの話題など。

 きらりも初めて。バスガイドから転身した入門時の話をマクラに、『寛政力士伝』から「谷風の情け相撲」を。小気味良い語り口が心地良い。要所にクスグリを挟み込む演り方で、関西でもウケそう。

 遊雀の 1 席目「崇徳院」は、登場人物の味付けがやや濃いめながら、小気味良いテンポで安定感も抜群。上手さが光る。
 中入りを挟んでの 2 席目「唐茄子屋政談」はネタ下ろし。古今亭菊之丞に付けてもらったそうで、なるほど以前観たのとほぼ同じ。きっちり型通り演った感じで、間の取り方にもうひと工夫ほしいような場面もあったが、これから独自の味付けが期待できそう。

|

« 南湖だんご 旭堂南湖話術研究会 | トップページ | 東西笑いの喬演 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24187/47888166

この記事へのトラックバック一覧です: 三遊亭遊雀勉強会 弥生会:

« 南湖だんご 旭堂南湖話術研究会 | トップページ | 東西笑いの喬演 »