« 生喬のガチンコ一番! | トップページ | 第一回 上方落語まつり in ミナミ 三枝一門・吉朝一門 競演会 »

第一回 上方落語まつり in ミナミ モーニング落語会

2010/4/29 @動楽亭

  • 桂三金 「にぎやか寿司」(作:桂三枝)
  • 桂こごろう 「野崎詣り」
  • 桂団朝 「金釣り」
  • 笑福亭三喬 「へっつい幽霊」
    ―― 中入り ――
  • 月亭八天 「星野屋」
  • 笑福亭小つる 「竹の水仙」


 当日券もあったようだが、ほぼ満席。

 三金の登場からすでに拍手がなかなか鳴り止まず、ツボツボで反応も良く、観客の期待感の高さが伝わる。「にぎやか寿司」はムチャな寿司屋の噺。ムチャな寿司でも、なんとなく美味しそう。

 こごろうはなんじゃかんじゃとボヤいてから「野崎詣り」を。オープニングの参詣人の様子や、喜六と清八のやり取りなど、こごろうならではの味付けが効果的。途中で上下を間違えるも、なんとか立て直し成功。

 まだ酒が残ってると云う団朝は、新世界界隈をたっぷり紹介してから「金釣り」を。金で金を釣ると云う、小品ながらめずらしい噺。

 三喬は出てくるなり「四番、笑福亭三喬、『へっつい幽霊』」でスタート。安定感抜群で、三喬らしいクスグリも随所に。途中で人物を間違えて「こごろうがうつったやないか」。

 八天も団朝同様に二日酔いで、弁当は三金にあげたそう。「星野屋」は人物の性格はきっちり浮き彫りになっているが、二日酔いのせいか息の乱れが気になる。

 小つるは今秋の枝鶴襲名について話すも「五代目(先代)については訊かないでください」。「竹の水仙」を丁寧に。


上方落語まつり in ミナミ

|

« 生喬のガチンコ一番! | トップページ | 第一回 上方落語まつり in ミナミ 三枝一門・吉朝一門 競演会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24187/48216426

この記事へのトラックバック一覧です: 第一回 上方落語まつり in ミナミ モーニング落語会:

« 生喬のガチンコ一番! | トップページ | 第一回 上方落語まつり in ミナミ 三枝一門・吉朝一門 競演会 »