« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

第一回 上方落語まつり in ミナミ グランドフィナーレ

2010/4/30 @大阪松竹座

  • 笑福亭銀瓶 「阿弥陀池」
  • 桂都丸 「替り目」
  • 桂南光 「義眼」
  • 桂三枝 「背なで老いてる唐獅子牡丹」(作:桂三枝)
    ―― 中入り ――
  • 《口上》
  • 月亭八方 「始末の極意」
  • 桂春團治 「野崎詣り」
  • 《グランドフィナーレ》


 前売り完売で大入り。席は 1 階後方。これで 6,000 円は‥‥。

 銀瓶は宣伝隊《上方落語ボーイズ》についてボヤいてから「阿弥陀池」を。持ち時間の都合で、喜六(的男)が引っかけに行く 1 件目でサゲ。

 都丸は酒飲みの小咄から「替り目」へ。そつなくきっちり、それでいて都丸味たっぷり。

 南光はマクラから自在に観客をコントロールして「義眼」を。バカバカしいネタをコンパクトに。

 三枝は「吉本の芸人が松竹座の舞台に上がれるのは夢のよう」と感慨深げ。楽屋の平均年齢が高いって話から「背なで老いてる唐獅子牡丹」をたっぷり。

 中入りを挟んでの口上は、下手側より司会の桂文三、笑福亭松喬、桂春之輔、桂春團治、桂米朝、桂三枝、月亭八方。米朝は最初から椅子に座って。口上は、春團治、米朝、松喬、八方、春之輔、三枝の順に。春團治はきっちり、米朝はボケ。こんな場での八方は抜群で、感慨深さを大げさに。

 八方は仕分けネタから「始末の極意」を短めに。

 トリの春團治は季節ネタの「野崎詣り」を雰囲気たっぷりに。

 最後に出演者を始め、楽屋にきていた噺家も舞台にならんでグランドフィナーレ。銀瓶の誘導で、大阪締めの音頭を米朝が。

 全体に落語があっさりで、口上のためだけの会との印象。これで 6,000 円は‥‥。


上方落語まつり in ミナミ

続きを読む "第一回 上方落語まつり in ミナミ グランドフィナーレ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

第一回 上方落語まつり in ミナミ 二世の会

2010/4/30 @TORII HALL

  • 《座談会》
  • 明石家のんき 「崇徳院」
  • 桂小枝 「悋気の独楽」
    ―― 中入り ――
  • 月亭八光 「狸の賽」
  • 桂米團治 「七段目」


 前売り完売とのことで覚悟して行ったが、混雑はそれほどでもなく。動楽亭もそうだったが、ここらの販売方針は良心的。(大々的に開催する会で消防法との絡みもあろうが)

 まずは座談会から。下手側から、八光、米團治、司会の小枝、のんき、桂春蝶。小枝がそれぞれ順番に「二世はどやねん!」と振る形式で進行。師弟関係と親子関係の話がメインだが、米團治は失敗談が中心に。

 のんきは観客からのリクエストで「崇徳院」を、しびれをこらえて熱演。所々に普段聴くのと違うところがあり、笑福亭松之助からの型なのかと思わせる。

 小枝は噺家の亭号にまつわる話で笑わせてから「悋気の独楽」を。型としては意外なほどにオーソドックスだが、登場人物がみな《こえぴょん》で、好みが分かれるところ。個人的にはたのしめたが、もう少しこえぴょんのキャラを抑えた方が落語ファンに受け入れられそうな‥‥。

 八光は師匠に付けてもらった(?)思い出の(?)ネタ「狸の賽」を。筋をなぞってるだけとの印象が強いが、総取りになった掛け金をかき集めて自分の座布団の下に押し込める所作に感心。

 米團治は自身の師弟関係を照らし合わせたかのような「七段目」を。安定感もあって、なんともたのしそう。時間があれば「親子茶屋」だったかも。


上方落語まつり in ミナミ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第一回 上方落語まつり in ミナミ 三枝一門・吉朝一門 競演会

2010/4/29 @動楽亭

  • 桂三ノ助 「お忘れ物承り所」(作:桂三枝)
  • 桂よね吉 「芝居道楽」
  • 桂三若 「私がパパよ」(作:桂三枝)
  • 桂あさ吉 「鹿政談」
    ―― 中入り ――
  • 桂吉弥 「蛇含草」
  • 桂三風 「三年一組同窓会」(作:桂三風)


 前売り完売で満席。この会が最初に売り切れたそう。

 三ノ助はテレビ出演の話から上手くマクラをつないで「お忘れ物承り所」を。よどみなさがやや物足りない感じ。

 よね吉は師匠ゆずりの毒を吐いてから、テレビで『上方落語まつり in ミナミ』を宣伝したときの裏話をマクラに「芝居道楽」(「七段目」の短縮版)を。クサさがよね吉らしい。ツケが入らないとチと物足りない感じ。

 楽屋にきていた桂ざこばが登場し、座布団を返して「次、三若やろ。孫、かわいがってもらわなあかんから。三若師匠、どうぞー!」。名ビラをめくり忘れ、三若が自らめくる。
 子どもが生まれたときのエピソードをマクラに、高齢出産の噺で「私がパパよ」を。三枝作品だが、自身の経験も盛り込まれてるのかも。

 あさ吉は出てくるなり、なにもしないうちから着崩れを直しだし、クスクス笑いがあちこちから。先日のオーストラリア公演での事件をマクラに、まったく関係ない「鹿政談」へ。終盤の奉行の一喝が堂に入った感じで、その後のクスグリも落差があっておもしろい。

 吉弥はマクラで『上方落語まつり in 繁昌亭』の宣伝隊《上方落語ボーイズ》についてあれこれしゃべってから「蛇含草」を。焼き餅を食べるのに、熱くて思わず出してしまうのがおもしろい。

 三風は演りにくい会場について実例を紹介しつつ、学校の話から同窓会へとつないで「三年一組同窓会」を。観客参加型で乾杯のはずが、観客のノリがいまいち。


上方落語まつり in ミナミ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第一回 上方落語まつり in ミナミ モーニング落語会

2010/4/29 @動楽亭

  • 桂三金 「にぎやか寿司」(作:桂三枝)
  • 桂こごろう 「野崎詣り」
  • 桂団朝 「金釣り」
  • 笑福亭三喬 「へっつい幽霊」
    ―― 中入り ――
  • 月亭八天 「星野屋」
  • 笑福亭小つる 「竹の水仙」


 当日券もあったようだが、ほぼ満席。

 三金の登場からすでに拍手がなかなか鳴り止まず、ツボツボで反応も良く、観客の期待感の高さが伝わる。「にぎやか寿司」はムチャな寿司屋の噺。ムチャな寿司でも、なんとなく美味しそう。

 こごろうはなんじゃかんじゃとボヤいてから「野崎詣り」を。オープニングの参詣人の様子や、喜六と清八のやり取りなど、こごろうならではの味付けが効果的。途中で上下を間違えるも、なんとか立て直し成功。

 まだ酒が残ってると云う団朝は、新世界界隈をたっぷり紹介してから「金釣り」を。金で金を釣ると云う、小品ながらめずらしい噺。

 三喬は出てくるなり「四番、笑福亭三喬、『へっつい幽霊』」でスタート。安定感抜群で、三喬らしいクスグリも随所に。途中で人物を間違えて「こごろうがうつったやないか」。

 八天も団朝同様に二日酔いで、弁当は三金にあげたそう。「星野屋」は人物の性格はきっちり浮き彫りになっているが、二日酔いのせいか息の乱れが気になる。

 小つるは今秋の枝鶴襲名について話すも「五代目(先代)については訊かないでください」。「竹の水仙」を丁寧に。


上方落語まつり in ミナミ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

生喬のガチンコ一番!

2010/4/28 @天満天神繁昌亭

  • 笑福亭生寿 「牛ほめ」
  • 笑福亭生喬 「トラうどん」(作:笑福亭生喬)
  • 笑福亭たま 「船弁慶」
    ―― 中入り ――
  • 桂まん我 「桜の宮」
  • 笑福亭生喬 「ねずみ」


 1 階席に 6 割ほどの入り。この日程にしてはまずまずの入り。

 生寿は携帯電話の電源オフを執拗に要請してから「牛ほめ」を。笑福亭らしいところに、チラリとらしからぬところが。

 生喬の 1 席目は、この会の発端について。『上方落語まつり in ミナミ』には、吉本興行・米朝事務所・松竹芸能から 11 年目以上の噺家に出番が割られるとの触れ込みだったのが、出番がないどころかラクゴリラの他のメンバーはみな出番が割られていたため、ムカッときて企画したそう。出演者をよく調べてみると、吉本 : 米朝 : 松竹の構成比が 4 : 4 : 2 となっていて仕方ないところもあるが、それでも納得できず。
 「せっかくなんでめずらしい噺を」と、『年越しオールナイト落語会』用に作った「トラうどん」を。中崎町のあやしいうどん屋を訪れる噺。今回で本当に封印するそう。

 たまはマクラで『上方落語まつり』に絡めて、生喬や生寿の過激発言エピソードや、上方落語協会の噂話をあれこれたっぷり。ここだけの話満載。
 落語は季節を先取りの「船弁慶」を強烈に。後半、喜六と清八が渡し舟で川市丸へ向かう場面は風情があって良い雰囲気だが、その後のお松が川市丸へ向かう場面が走りすぎな感じでもったいない。

 まん我は「次からは普通の落語を」と笑いを誘い、「このあとの打ち上げがたのしみで」とコメントしてから「桜の宮」を。キャラクターがきっちり描き分けられていて、たのしい雰囲気に。

 生喬の 2 席目はこの日の番組を反省してから「ねずみ」を。所々でひっかかるも、全体の流れの良さでたっぷり聴かせる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4 月文楽公演

2010/4/25 @国立文楽劇場

【吉田簑助文化功労者顕彰記念】

  • 妹背山婦女庭訓いもせやまおんなていきん
    • 初段
      • 小松原の段
      • 蝦夷子館の段
    • 二段目
      • 猿沢池の段
    • 三段目
      • 太宰館の段
      • 妹山背山の段

    • 二段目
      • 鹿殺しの段
      • 掛乞の段
      • 万歳の段
      • 芝六忠義の段
    • 四段目
      • 杉酒屋の段
      • 道行恋苧環
      • 鱶七上使の段
      • 姫戻りの段
      • 金殿の段

※ 第 118 回


 千秋楽と云うことでか、第一部も第二部も結構な入り。

 今回は平成遷都 1300 年にちなんで、奈良が舞台の『妹背山婦女庭訓』を通しで。大化の改新の頃の話で、藤原鎌足と蘇我蝦夷子・入鹿親子の対立が主軸。
 とにかく長い。第一部が 11 時に始まって、第二部の終わりが 21 時前。もちろん間に休憩や入れ替え時間もあるが、これでも導入部と、終盤(蘇我入鹿が討たれるくだり)はカット。第一部と第二部のそれぞれに山場を持ってくるため、やや変則的な構成に。
 第一部の山場は最後の「妹山背山の段」で、上手側と下手側の両方に床が設置され、吉野川を挟んで互いに相手を想う久我之助と雛鳥の心情を掛け合いで。
 第二部は、男女の想いと入鹿討伐が絡む流れで、最後はムチャな結末。
 王代物(時代物)だが、世話物的な側面もあり、あらすじが入っていると比較的理解しやすい印象。個人的に飛鳥時代への興味があることも理解につながってるかも。


国立文楽劇場

| | コメント (0) | トラックバック (0)

銀瓶のピロートーク 今夜は全篇「まくら」です

2010/4/20 @雲州堂

※ #2


 50 人ほど入って、ほぼ満席。

 まずはホストの笑福亭銀瓶が登場してひとりしゃべり。『上方落語まつり in ミナミ』の宣伝をしつつ、宣伝隊《上方落語ボーイズ》についてボヤきつつ。
 ゲストの桂小春團治を迎えて、謎掛けの話から大喜利の話に話題がつながり、小春團治が若い頃に新花月へ出演していたときの話へ。場所柄、酔っ払いへの対処に苦労したそう。角座の話なんかも。
 さらに、小春團治がニューヨークの国連本部やカーネギーホールで公演したときの話へ。会場を押さえるところから、費用の話や舞台準備の話など、先ほどとはまた違った苦労話を。人と人とのつながりの重要性が伝わる。

 舞台裏の興味深い話を 1 時間半ほど。


 次回は 6 月 16 日(水)。ゲストは元プロ野球選手で世界の盗塁王、福本豊。

笑福亭銀瓶の出演情報
イベントスペース 雲州堂

| | コメント (0) | トラックバック (0)

繁昌亭昼席

2010/4/19 @天満天神繁昌亭

  • 桂雀太 「道具屋」
  • 桂しん吉 「桃太郎」
  • 笑福亭生喬 「豊竹屋」
  • ビックリ!ツカサ 《お笑いマジック》
  • 林家小染 「親子酒」
  • 桂小春團治 「アルカトラズ病院」(作:桂小春團治)
    ―― 中入り ――
  • チョップリン 《コント》
  • 笑福亭伯枝 「相撲場風景」
  • 笑福亭瓶吾 「化物つかい」
  • 月亭可朝 「住吉駕籠」

※ 第 187 週


 大入り。

 雀太は客席からの合いの手のあしらいに苦心。「道具屋」は、本屋の善兵衛をたずねる途中で金魚すくいに入れ込む場面がたのしい。時間の都合で木刀のくだりまで。

 ビックリ!ツカサは初めてだったが、客いじり込みのマジックがゆるくてたのしい。淡々と演る印象があったチョップリンも、導入部の客いじりで引き込む工夫。

 ブレイク目前の瓶吾は、表情と云い口跡と云い、ほのぼのした雰囲気。ゆるいマクラからの「化物つかい」もほのぼの。鶴瓶一門ながら、オーソドックスな型で。

 可朝はいつものようにメガネとチョビ髭にカンカン帽をかぶってひらひらと登場。おなじみのマクラから「住吉駕籠」を。途中で流れの前後する場面もあったが、独特の口跡で味のある高座。

 番組全体のバランスも良く、満足度の高い公演。


天満天神繁昌亭

| | コメント (0) | トラックバック (0)

八方・きん枝 二人会

2010/4/18 @アークカルチャースタジオ

  • 桂きん枝 《ごあいさつ》
  • 桂ちきん 「犬の目」
  • 桂坊枝 「ちりとてちん」
  • 桂きん枝 「狸の賽」
  • 月亭八方 「稽古屋」

※ 第 2 回


 いつもより若干少なめながら、それでも 70 人くらい入った感じ。

 きん枝が私服姿で登場し、この日の番組紹介。八方が昼の落語会からの移動で渋滞に巻き込まれ、まだ楽屋入りしてないことを報告。そのため急遽出番を変更したとのこと。

 もともと前座役は月亭八斗だったそうだが、八方といっしょに遅れていたため、急遽ちきんに。突然出番を云い渡されて緊張しまくりで「犬の目」を、なんとかこなす。

 坊枝はこの日の NGK での大喜利の出番を終えて飲みに行こうとしたところ、きん枝から 17 時に出番を依頼され、自宅へ着物を取りに帰ってから会場へ 18 時の開演直前に到着したことを熱弁。その勢いで「ちりとてちん」もテンション高く。

 きん枝は八方の到着を報告してから、師匠の桂文枝(小文枝)に叱られた話や、横山やすしと競艇場へ行ったときの話など、若い頃の思い出をたっぷり。賭け事の話から「狸の賽」へ。

 八方はきん枝の参院選出馬についてごく軽く触れてから「稽古屋」を。黒田節を入れたり、八方ならではの味付け。色事のために芸事を仕込もうと云う男のキャラが秀逸。


 開場時に、最前列中央の席に「関係者席」の張り紙が。周辺に座った客がみな口々に「関係者席って、なんやのん?」。来場した《関係者》が気まずくなったのか、しばらくして関係者席は一般開放される。
 こう云った出演者の近親者への優遇がこの会の気になるところ。


アークカルチャー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7 時だョ! 8 人集合

2010/4/17 @桜川三丁目劇場

  • 《オープニング》
  • 《VTR クイズ》
  • 《芝居でボケましょ》
  • 《1 分ネタ》
  • 桂雀太 「江戸会話教室」(作:セブンエイト)
  • 《エンディング》

※ 第 8 回


 いつもどおり 30 人くらい。
 この日の出演は、桂三幸、桂雀太、桂ぽんぽ娘、桂まめだ、旭堂南青、露の団姫、の 6 名(五十音順)。オープニングで恒例の役割決めで、団姫が司会、雀太が新作落語。

 最初の《VTR クイズ》は、日常のその後の展開を予想するものだが、解答のボケがみな弱い感じ。

 つづく《芝居でボケましょ》は、真剣な芝居の最後にボケる趣向。芝居の相手としてゲストに女優(のタマゴ)を迎え、メンバーが同じシチュエーションの芝居&ボケに挑戦。まめだのたたずまいには、女優も思わず笑ってしまう。

 《1 分ネタ》はいつものようにみな 1 分オーバー。

 新作「江戸会話教室」は、英会話教室かと思って飛び込んだところが江戸会話教室で‥‥って噺。中学一年の英語の教科書のような例文がおかしい。雀太のキャラに依存せずとも、ネタ自体がおもしろい。今後のネタのふくらませ方に期待。


セブンエイト 7 時だョ! 8 人集合

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とくとくレイトショー

2010/4/15 @徳徳亭

  • 月亭遊方 「迷走配達人」(作:月亭遊方)
  • 月亭遊方 「はてなの茶碗」


 ツ離れせず

 出囃子 CD で登場した遊方は、客入りを気にしてか、かなりのロー・テンション。『ゴキゲン落語会』のようにロックで出てきた方が良さそうな‥‥。東京方面の会で掛けるネタを試したいと断わっての 2 席。
 「迷走配達人」は方向音痴の郵便配達員の噺で、迷いっぷりと細かいボケがたのしい。
 「はてなの茶碗」は地の部分の処理が課題だが、遊方独自の味付けがおもしろい。


遊方 FOR YOU!
徳徳亭

| | コメント (0) | トラックバック (0)

月亭遊方・林家染弥の蔵出し!うちわ話

2010/4/13 @高津の富亭

 いつもどおり 50 人近くの入り。

 ゲストに林家染雀を迎え、遊方・染弥と 3 人で《ボーイズ・トーク》と云うことで、とくにテーマを決めずに話の流れるままあれこれ。普段からよくしゃべってる顔合わせとのことで、話題がどんどん出てくる。林家の飲み会の話から下ネタへの流れや、遊方の結婚・引っ越し・のろけなど。「最近の若手噺家に物申す」な感じのコメントなんかも。
 さすがに終盤は話が途切れる場面も。客向けのイベントであることを考慮して、話のタネをある程度は用意しておく必要があるかも。
 とは云え、それでもおもしろおかしい 2 時間。

 第 10 回記念の次回は、スペシャルなゲストを迎えて 6 月頃に。

遊方 FOR YOU!
林家染弥は今夜も HAPPY

| | コメント (0) | トラックバック (0)

繁昌亭夜席 繁昌亭創作賞受賞者の会

2010/4/12 @天満天神繁昌亭

  • 桂三四郎 「17 歳」
  • 笑福亭たま 「胎児」(作:たまよね)
  • 月亭遊方 「クレーマー・クレーマー」
  • 桂三風 「ああ定年」
    ―― 中入り ――
  • 三風・遊方・たま 《受賞記念トーク》
  • 笑福亭福笑 「宿屋ばばぁ」

※ とくに記載のないものは自作ネタ


 1 階席がほどよく埋まった感じ。

 トップの三四郎はどうも元気がなく、つづくたまもいつもほどのキレが感じられず。楽屋でなにかあったのか?と気になってしまう。
 遊方や三風はいつもどおりな感じで、それぞれネタに細かく手が入れられてた印象。

 中入り後のトークでは、遊方の結婚話で脱線してから、新作の苦労や工夫についてあれこれ。客層によってクスグリのパターンを変えることもあるそう。

 ゲストの福笑の「宿屋ばばぁ」は後半の展開をカットした短縮版。先のトークでのクスグリのパターン(他のネタの掴み込み)がきっちり入ってる。


天満天神繁昌亭

| | コメント (0) | トラックバック (0)

繁昌亭昼席

2010/4/11 @天満天神繁昌亭

【笑福亭たま 第四回 繁昌亭創作賞受賞記念ウィーク】

  • 笑福亭松五 「つる」
  • 笑福亭扇平 「勘定板」
  • 桂三象 「鯛」(作:桂三枝)
  • 林家染雀 《うしろ面》
  • 笑福亭小つる 「天神山」
  • 笑福亭たま 「憧れの人間国宝」(作:笑福亭たま)
    ―― 中入り ――
  • めおと楽団ジキジキ 《音曲漫才》
  • 桂文三 「ちりとてちん」
  • 露の吉次 「鹿政談」
  • 笑福亭鶴志 「千早振る」

※ 第 185 週


 大入り。

 三象の「鯛」は、早口で聴き取りづらい場面もあるが、魚の所作がユーモラスでたのしい。

 小つるの「天神山」は前半のみ。

 ド派手な柄の着物で登場したたまは、ショート落語ベストをマクラ代わりに「憧れの人間国宝」を。文楽の人形遣いの噺。無茶な展開だが、ハメモノも入ってにぎやか。

 鶴志は軽いマクラで空気を作ってから「千早振る」を。あちこちに独自の工夫が施されてておもしろい。さすがの貫禄。

 結果的に、たまがこの日いちばんの笑いに。


天満天神繁昌亭

| | コメント (0) | トラックバック (0)

柳家小三治独演会

2010/4/10 @神戸新聞松方ホール

  • 柳家はん治 「鯛」(作:桂三枝)
  • 柳家小三治 「長屋の花見」
    ―― 中入り ――
  • 柳家小三治 「品川心中」


 両サイドのバルコニー席には入れてなかったが、2 階席までいっぱいの入り。

 はん治の「鯛」は初めて。魚っぽい所作はまったく取り入れず。いけすの長老ギンギロは合ってるが、他がどうも。やはり同じ桂三枝作品なら「背なで老いてる唐獅子牡丹」の方がぴったりくるよう。

 小三治の 1 席目はマクラたっぷりで、関西や神戸についてあれこれ。震災のときにボランティアで独演会を開いたのを除くと、この会が関西で初の独演会だそう。若い頃に角座で口演したときの思い出なども。これまで観たどの会のときよりも表情が柔和。この会場で落語会が開催されるのはこれが初めてだそうで、普段は音楽会を中心に開催されていると知って朗々と伸びやかな声を出すと、観客はヤンヤの拍手喝采。膝立ちになって「ちょっと待ちなさい! 俺が出てきたときより拍手が大きいじゃない! そんなワケのわからないことがあるかよ!」と云う表情もにこやか。
 この日の昼間に異人館通りを散策し、桜を満喫してきた話から「長屋の花見」へ。なんとものんびりした空気感が心地良い。

 2 席目は「落語らしい噺を」と、遊郭の解説をマクラに「品川心中」をたっぷり。心中しようと花魁のお染が貸本屋の金蔵を海へ突き落としたあたりまで。

 大満足。定例開催に期待。


神戸新聞松方ホール

| | コメント (2) | トラックバック (0)

笑福亭三喬一門会

2010/4/7 @天満天神繁昌亭

  • 笑福亭三喬 「花色木綿」
  • 笑福亭喬若 「ちりとてちん」
  • 笑福亭喬介 「佐々木裁き」
    ―― 中入り ――
  • 笑福亭三喬 「へっつい幽霊」

※ 第 3 回


 大入り。

 「前座ネタを演りたい」と開口一番に三喬が登場。中トリの喬介のしくじりについてあれこれしゃべってから「花色木綿」を。あれこれ盗まれたとの嘘がバレた喜六が‥‥関西限定ギャグ炸裂。

 喬若もいろいろと師匠をしくじっているが、それについて師匠からまったく触れられず「さみしい」と吐露。「ちりとてちん」はきっちりそつなく。

 師匠と兄弟子のあに登場した喬介に「待ってました!」の声が掛かりまくり、演りにくそう。緊張しつつもマクラを振ってから「佐々木裁き」へ。子どもはぴったりハマるも、侍は声の高さが不釣り合い。緊張からか、やや走り気味だったのが残念。

 三喬の 2 席目は「へっつい幽霊」をたっぷり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

らくご道 笑福亭生喬と桂こごろうの落語会

2010/4/6 @上方亭 (ワッハ上方 小演芸場)

  • 笑福亭生喬 《ごあいさつ》
  • 桂こごろう 「七度狐」
  • 笑福亭生喬 「仔猫」
    ―― 中入り ――
  • 生喬・こごろう 《対談:夕焼け日記》


 久しぶりの『らくご道』は相変わらず 40 人くらいの入り。

 生喬の弟子の生寿が年季明けとともにこの会での前座も卒業したそうで、以前のスタイルに戻って生喬のマクラ話から。普段着で登場し、生寿の婚約報告。来年 6 月に挙式を予定しているそう。

 こごろうはマクラに、最近の出来事あれこれについて模索しつつ話してから「七度狐」へ。見慣れない川に石を放って深さを測るくだりを抜き、深夜の尼寺での騒動に骸骨の相撲を入れる。全体にやや噛み気味。

 生喬はマクラを振らずに「仔猫」を。起承転結にメリハリもあり、山場であるおなべを前にした番頭の逡巡もたのしい。

 中入り後に恒例の対談。
 こごろうの「七度狐」はジャズのノリで演ったそう。おそらく「きっちり固めず、噺の流れに身を任せて演った」と云うことだろう。ガサガサバサバサは不自然なため抜き、骸骨の相撲は仕込みが無駄になるのはもったいないため入れたそう。
 生喬の「仔猫」は、桂枝雀の音源を元に桂九雀に付けてもらったが、九雀自身は枝雀から「番頭が逡巡する場面は演らなくてよい」と云われたそう。もともと桂米之助に稽古をお願いしていたそうだが、間もなく亡くなられてしばらく機会を逸していたネタだとか。
 その後は 『上方落語まつり in ミナミ』 についてあれこれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レスキュー遊方!

2010/4/4 @天満天神繁昌亭

【わけあって引越し★何かと物入りな遊方にみんなで愛の手を!】

  • 《オープニング》
  • 笑福亭たま 「マッシュルーム」
  • 林家花丸 「GORO」
  • 桂三風 「戦え!サンダーマン」
  • 遊方・染弥 《蔵出し!うちわ話》
    ―― 中入り ――
  • 笑福亭鶴笑 「パンチ!パンチ!パンチ!」
  • あやめ・染雀・三金・たま・方正 《遊方出世大作戦!》
  • 月亭遊方 「憧れのひとり暮らし」
  • 《エンディング》

※ 落語はすべて遊方作品


 補助席も出る大入り。遊方ブーム到来の予感。

 遊方の半生記をスライド上映し、桂あやめと林家染雀がごあいさつ。遊方を上げたり下げたり。

 たま「マッシュルーム」は、遭難してワライタケを食べてしまう噺。遊方が口演したときは演者が笑うほど客が引いてたそうだが、演者が振り切れるとしっかり笑いに。

 染雀が白塗り金髪のお茶子で登場。

 花丸「GORO」は、大阪人が田舎の喫茶店で言い間違いにツッコめなくてイライラする噺。花丸アレンジが随所に。

 三風「戦え!サンダーマン」は、ヒーローショーに強盗犯がなだれ込んでくる噺。観客参加型で三風にはぴったりだが、ちょっと恥ずかしそう。

 遊方と林家染弥でトークイベント『蔵出し!うちわ話』の出張版。盛り沢山で用意してたようだが、時間の都合で小芝居ベストのみに。

 鶴笑「パンチ!パンチ!パンチ!」は、双子の弟に代わってたこ焼き屋の兄がボクシングの試合に出る噺。「演るのは恥ずかしい」と紙芝居で。最後にはボクシング人形も登場。

 《遊方出世大作戦!》は、あやめ、染雀、桂三金、たまに加え、シークレットゲストに月亭方正を迎えて、遊方のメジャー化を模索。方正曰く「東京で一気にブレイクするにはニューハーフ噺家を狙うしかない」とのこと。最後にムリクリ遊方出世数え歌。

 トリの遊方はマクラで引っ越しにまつわる話をたっぷり語ってから「憧れのひとり暮らし」を。学生がひとり暮らしの部屋を探して不動産屋を訪れる噺。珍物件目白押しがたのしい。
 口演後、かしこまった遊方が結婚を報告。観客はもとより、共演者もビックリ。


遊方 FOR YOU!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福笑と異常な仲間たち アブノーマル人物伝

2010/4/1 @天満天神繁昌亭

  • 笑福亭たま 「くっしゃみ講釈」
  • 笑福亭福笑 「刻うどん」
    ―― 中入り ――
  • 加川良 《唄》
    1. 女の証し
    2. 冬の星座
    3. 枚方のあきちゃん
    4. 鉱夫の祈り
    5. 幸せそうな人たち
    6. 夜明け
    7. 教訓 I
  • 笑福亭福笑 「宗教ウォーズ」(作:笑福亭福笑)

※ Vol. 3


 補助席も出る大入り満員。

 たまは「くっしゃみ講釈」をかなりのハイ・テンションで。「今日はこれぐらい演らんと笑わん!」。

 福笑の 1 席目は、サゲに関わる昔の時刻に関して入念に解説してから「刻うどん」へ。幕開きに喜六と清八の都々逸が入る型。ドンブリにうどんが 3 玉くらい入ってそう。過激アクションがおもしろい。

 ゲストの加川良はやや緊張した面持ちで登場し、ギターで弾き語り。やわらかい歌声と独特のメロディーの取り方が特徴的。かなり心地良い空間。軽いおしゃべりを挟みつつ 6 曲歌って引っ込むと、袖から出てきた福笑が拍手でアンコールを促し、最後にもう 1 曲。アンコールでは下座から福笑のコーラスも。

 いつになく満足げなやわらかい表情で登場した福笑の 2 席目は、空気を変えるためかマクラで宗教に関する話をたっぷり振るも、払拭するにはいたらずな感じ。「宗教ウォーズ」もいつもほどの爆発力がなく、ややマイルドな印象。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »