« 雀松・市馬 二人会 | トップページ | レスキュー遊方! »

福笑と異常な仲間たち アブノーマル人物伝

2010/4/1 @天満天神繁昌亭

  • 笑福亭たま 「くっしゃみ講釈」
  • 笑福亭福笑 「刻うどん」
    ―― 中入り ――
  • 加川良 《唄》
    1. 女の証し
    2. 冬の星座
    3. 枚方のあきちゃん
    4. 鉱夫の祈り
    5. 幸せそうな人たち
    6. 夜明け
    7. 教訓 I
  • 笑福亭福笑 「宗教ウォーズ」(作:笑福亭福笑)

※ Vol. 3


 補助席も出る大入り満員。

 たまは「くっしゃみ講釈」をかなりのハイ・テンションで。「今日はこれぐらい演らんと笑わん!」。

 福笑の 1 席目は、サゲに関わる昔の時刻に関して入念に解説してから「刻うどん」へ。幕開きに喜六と清八の都々逸が入る型。ドンブリにうどんが 3 玉くらい入ってそう。過激アクションがおもしろい。

 ゲストの加川良はやや緊張した面持ちで登場し、ギターで弾き語り。やわらかい歌声と独特のメロディーの取り方が特徴的。かなり心地良い空間。軽いおしゃべりを挟みつつ 6 曲歌って引っ込むと、袖から出てきた福笑が拍手でアンコールを促し、最後にもう 1 曲。アンコールでは下座から福笑のコーラスも。

 いつになく満足げなやわらかい表情で登場した福笑の 2 席目は、空気を変えるためかマクラで宗教に関する話をたっぷり振るも、払拭するにはいたらずな感じ。「宗教ウォーズ」もいつもほどの爆発力がなく、ややマイルドな印象。

|

« 雀松・市馬 二人会 | トップページ | レスキュー遊方! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24187/48001069

この記事へのトラックバック一覧です: 福笑と異常な仲間たち アブノーマル人物伝:

« 雀松・市馬 二人会 | トップページ | レスキュー遊方! »