« 八方・きん枝 二人会 | トップページ | 銀瓶のピロートーク 今夜は全篇「まくら」です »

繁昌亭昼席

2010/4/19 @天満天神繁昌亭

  • 桂雀太 「道具屋」
  • 桂しん吉 「桃太郎」
  • 笑福亭生喬 「豊竹屋」
  • ビックリ!ツカサ 《お笑いマジック》
  • 林家小染 「親子酒」
  • 桂小春團治 「アルカトラズ病院」(作:桂小春團治)
    ―― 中入り ――
  • チョップリン 《コント》
  • 笑福亭伯枝 「相撲場風景」
  • 笑福亭瓶吾 「化物つかい」
  • 月亭可朝 「住吉駕籠」

※ 第 187 週


 大入り。

 雀太は客席からの合いの手のあしらいに苦心。「道具屋」は、本屋の善兵衛をたずねる途中で金魚すくいに入れ込む場面がたのしい。時間の都合で木刀のくだりまで。

 ビックリ!ツカサは初めてだったが、客いじり込みのマジックがゆるくてたのしい。淡々と演る印象があったチョップリンも、導入部の客いじりで引き込む工夫。

 ブレイク目前の瓶吾は、表情と云い口跡と云い、ほのぼのした雰囲気。ゆるいマクラからの「化物つかい」もほのぼの。鶴瓶一門ながら、オーソドックスな型で。

 可朝はいつものようにメガネとチョビ髭にカンカン帽をかぶってひらひらと登場。おなじみのマクラから「住吉駕籠」を。途中で流れの前後する場面もあったが、独特の口跡で味のある高座。

 番組全体のバランスも良く、満足度の高い公演。


天満天神繁昌亭

|

« 八方・きん枝 二人会 | トップページ | 銀瓶のピロートーク 今夜は全篇「まくら」です »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24187/48130024

この記事へのトラックバック一覧です: 繁昌亭昼席:

« 八方・きん枝 二人会 | トップページ | 銀瓶のピロートーク 今夜は全篇「まくら」です »